さよならプライバシー あなたの恋愛も懐事情も丸裸!?

さよならプライバシー あなたの恋愛も懐事情も丸裸!?
「あなたの住所や家族構成、家族や身の回りの人も知らないあなたの趣味や収入まで丸裸にできますよ」

初対面の人にこんなことを言われたら、どう感じるだろうか。実は、スマホの利用履歴のデータを使えば、そんな占い師のようなことができてしまうということが今回、NHKとIT企業が行った実験で明らかになった。あらゆるものがデータ化され、AIで解析され便利なサービスや製品の開発につながる現代社会。「もはやプライバシーは本人のものではなくなっている」という指摘さえ出ている。あなたが今、何気なく使っているスマホから、いったいどれだけのデータが発信されているだろうか。(経済部記者 伊賀亮人/政経・国際番組部ディレクター 青木康祐)

9年間の人生がわずか2.74GBに

今回、材料となるスマホの個人データを提供してくれることになったのがXさん(仮名)だ。起きている間は片ときもスマホを手放せないという。

実験を引き受けた理由について「データやAIだけでどこまで人間の予測とかコントロールできるのか、おもしろそうだなと思った」と話す。
提供してもらったのはグーグルの利用履歴だ。グーグルなど巨大IT企業は、利用者本人が履歴をダウンロードできる仕組みを提供している。サービスを利用することでどのようなデータが保存されているのかを把握できるようにすることで透明性を高めるのがねらいだ。
Xさんみずからがダウンロードした利用履歴は9年分。データ量はわずか2.74GB。同意の上、提供してもらった。一般的に販売されている120分の録画用DVD1枚の容量が4.7GBだと考えると、9年間ものデータが詰まっていることに驚きを感じる。
実験を行うのは、マーケティングのために個人データの解析を手がけるIT企業misosilだ。Xさんについては、性別や年齢なども含め事前に一切知らせていない。しかし、「本人に会わなくてもデータだけでXさんの人物像をあぶり出せる」と自信を見せた。

位置情報だけでもここまでわかる!

その言葉通りになるのか? 実験チームがまず分析をしたのは位置情報だ。位置情報として記録されていたのは2種類のデータ。
1つは、いつどこにいたのか。日付や時刻から緯度、経度、そして高度まで1000分の1秒単位で記録が残っている。
もう1つは、移動速度や移動形式を推定したもの。歩いているのか、乗り物に乗っているのか。車や電車だけではなく、ヨットやスキーなど、15項目ある移動手段のうちどの可能性が高いのかが記録されていた。
一見すると単なる数字の羅列にしか見えない大量のデータをプログラミングによって自動的に地図上に落とし込む。

すると、1週間分のデータだけで生活圏は大阪エリアだと判明。そして最も多くの点があるマンションに集中していることから自宅を特定した。
物件情報サイトでこのマンションの情報を調べることで、20平方メートルくらいの単身者向けマンションだと判明。間取りから独身だと推測。高さは「7メートルから8メートル」と記録されていることから3階の部屋だという。
また、自宅の次に地図上で位置情報が集中している場所には、バーの名前が。夜間に滞在していることから、ここで勤務していると推測した。ここで最初の答え合わせを行うことに。分析で割り出したバーを取材班が訪ねてみると…。そこにはXさんの姿が!
分析通りバーの経営者で、自宅の住所も独身だということもあたっていた。年齢は32歳。

位置情報は、さまざまなスマホアプリで記録されている。地図アプリのほか、SNS、天気予報、交通情報。その時いる場所に応じた便利な情報を入手できることで活用している人も多いだろう。一方で、その位置情報からはスマホのユーザーの実像に迫ることもできるということがわかった。

検索履歴で収入も

次に分析したのは検索履歴のデータだ。Xさんが最初に検索を行ったのは、2011年6月16日。それ以来9年間で3万5765回の検索結果が残っていた。
ある1か月分のデータを取り出してみたところ特徴的だったのが検索の時間帯。バーの営業中と思われる午後8時以降も回数が落ちることなく検索していたのだ。実験チームは、暇つぶしで検索をしているのではないかと推測した。

同じ時期の検索履歴には、インターネット回線や動画配信などのサービス名と「解約」という単語の組み合わせが頻出していた。
(実験チーム)
「日々、貯金が減り運転資金が減っていくことに困り、集客もうまくいかず、にっちもさっちも行かなくなるかもしれない」
そこで2回目の答え合わせ。去年11月のバーの収支は411円の赤字で確かに経営は行き詰まっていた。

○○まであらわに…

さらに分析はXさんの内面にまで及ぶ。デートスポットや彼女との同せいに関する検索が去年春ごろになくなったことから「彼女と別れ今は彼女がいない」と推測した。
そして、「キャバクラ」「出会い系」といったワードが多数あることから「浮気をしていた可能性が高い」と指摘。本人にぶつけてみるとー。

Q:今おつきあいしている方は?
A:いないですね。
Q:彼女と別れた理由は?
A:まあ本当に僕がだめで、女癖が悪い部分もあったので…。それが原因ですね。
Q:うかがえる範囲でどういう?
A:まあ浮気とかですね。僕が。

データで行動も予測?

さらに実験チームは、Xさんの行動を予測できるとさえ豪語。

Xさんが新しい仕事を始める可能性が高いと予測した。検索履歴の変化を時系列で分析したところ、去年の後半から経済状況が一段と悪化していることを想起させるキーワードが増えていたためだ。3週間後にXさんを訪ねてみるとー。
予測どおり弁当配達のアルバイトを始めていた。実験チームは次のように指摘する。
「検索履歴は1日だけのデータではなく、どういうふうに検索が変わってきたのか、いってしまえばその人の人生の変化が見える」

プライバシーに別れを告げて?

この分析はあくまでも実験で、本人の同意がなければ実現しない。大量のデータを持つGAFAなどがこうした分析を行っていると示すものでもない。

一方で、さまざまな企業が今、アプリなどを通じて収集されるデータを分析し、利用者の趣味や関心に沿った広告やサービスの提供に注力している。いかに消費者の購買意欲を刺激し行動に移させるかが競争の鍵となっている。「データは21世紀の石油」と言われるゆえんだ。

中には利用者本人が知らない間にデータを分析し他社に提供している企業もあるのではないか。そんな懸念も高まっている。
東京やニューヨークなど世界の8都市を対象とした調査では、13歳から22歳までの幼い頃からスマホに親しんできた世代の3分の2が、「オンラインでの言動はプライベートなものではない。個人のプライバシーの時代は終わった」と回答している(2017年、米CommScope調べ)。

実験に参加したXさんは、次のように話す。
「正直びっくりする部分はいっぱいあったけど、あの程度のプライバシーなら全然問題ないかなと。ネットを使うほうが便利かなと思うので使い続けますね」
実験が終わった後、スマホを片手に去って行くXさんの後ろ姿はプライバシーに対する意識の揺らぎを実感させるものだった。
経済部記者
伊賀亮人
平成18年入局
仙台局 沖縄局 経済部 ネットワーク報道部を経て再び経済部
政経・国際番組部ディレクター
青木康祐
平成21年入局
徳島放送局を経て、政経・国際番組部