北朝鮮 新型コロナ防疫対策徹底か キム委員長出席の会議で

北朝鮮 新型コロナ防疫対策徹底か キム委員長出席の会議で
北朝鮮の国営メディアは、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が出席して、11日、党の政治局会議が開催され、新型コロナウイルスへの対策をさらに徹底していくことを決めたと伝えました。予告していた最高人民会議については、開催したかどうか、伝えていません。
12日付けの朝鮮労働党機関紙、「労働新聞」は、キム・ジョンウン委員長が出席して、11日、党の政治局会議が開催されたと伝えました。

会議では、新型コロナウイルスについて、「超特級の防疫措置が行われていることで、防疫は非常に安定している」としたうえで、ウイルスの流入を防ぐため、対策をさらに徹底するとした決定書を採択したとしています。

北朝鮮は、国会にあたる最高人民会議を10日に開催すると予告していましたが、これまでのところ、開催したかどうかは伝えていません。

北朝鮮は、新型コロナウイルスの感染者が1人もいないと発表していて、こうした時期に開催すると予告した最高人民会議が注目されています。

一方、「労働新聞」は、キム委員長が、空軍の部隊を視察したことも伝えました。キム委員長の軍の視察は先月以降、頻繁に伝えられていて、内部の引き締めを図るねらいがありそうです。