京都市 70代2人が死亡 新型コロナウイルス

京都市 70代2人が死亡 新型コロナウイルス
京都市は、新型コロナウイルスに感染し、医療機関で治療を受けていた70代の2人が11日に死亡したと発表しました。京都府内で死亡した感染者は3人となりました。
このうち70代男性は、基礎疾患があり、発熱や肺炎などの症状のため検査を受けたところ10日に感染が確認され、11日、呼吸不全のため死亡しました。

70代女性は基礎疾患のため先月中旬から京都市上京区の「堀川病院」に入院し、今月に入ってから発熱が続いていました。

女性は、同じ病室に入院していた80代の女性と看護師1人とともに、10日に感染が確認され、11日、死亡しました。

3月31日にこの病室に面会に来た別の患者の家族についても、その後感染が確認されていて、京都市は感染経路を詳しく調べています。

このほか京都府内では重症の1人を含む7人の感染が新たに確認され、このうち、京都市の70代男性は、滋賀県で感染が確認された京都市の男性と先月27日に食事をしていたということです。

7人のうち、5人の感染経路はわかっていないということです。

京都府内で感染が確認されたのは181人となり、このうち3人が死亡しました。

一方、これまでに43人が退院しています。