山梨県 新たに3人感染確認 家族や親族内でクラスター発生か

山梨県 新たに3人感染確認 家族や親族内でクラスター発生か
山梨県は県内に住む70代の男女2人と80代の女性の合わせて3人が、新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。県内で感染が確認されたのはこれで30人になりました。新たに確認された3人はいずれも、すでに感染が確認されている4人の親族で、県は「家族や親族内で『クラスター』と呼ばれる感染者の集団が発生したと考えてもよいと思う」と話しています。
山梨県によりますと、新型コロナウイルスへの感染が新たに確認されたのは、山梨市に住む70代の男女2人と、甲州市に住む80代の女性の合わせて3人です。

3人はいずれも、今月7日と8日に感染が確認された男女4人の親族で、先月末ごろ親族の自宅を訪れたり、あるいは、親族が来訪したりしていたということです。

県内で感染が確認されたのはこれで30人となり、県は、新たに感染が確認された人の行動歴や濃厚接触者を調べています。

県は「家族や親族内で『クラスター』と呼ばれる感染者の集団が発生したと考えてもよいと思う」と話しています。