秋田 能代市の夏の行事 花火大会と「天空の不夜城」 中止

秋田 能代市の夏の行事 花火大会と「天空の不夜城」 中止
城をかたどった巨大な灯籠が町をめぐる、秋田県能代市の夏の行事「天空の不夜城」が、ことしは中止になりました。
この催しは、能代商工会議所が中心となって制作した高さが24メートルと17メートル余りの城をかたどった2台の巨大な灯籠が市の中心部をめぐる祭りで、平成25年から毎年8月3日と4日に開催されています。

この祭りについて、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、ことしは中止になりました。

同じ能代市で、毎年7月に行われてきた「港まつり能代の花火」も中止が決まりました。

市によりますと、2つのイベントは、いずれも例年10万人以上を集めていて、能代商工会議所の広幡信悦会頭は「大変残念だが、緊急事態宣言が出されている地域もある中では、安全のため中止はやむをえない」と話していました。