感染相次いだ介護施設 あすから受け入れ再開へ 兵庫 伊丹

感染相次いだ介護施設 あすから受け入れ再開へ 兵庫 伊丹
利用者や職員などが新型コロナウイルスに相次いで感染した兵庫県伊丹市の介護施設「グリーンアルス伊丹」は感染防止対策を徹底したうえで、9日から利用者の受け入れを再開すると発表しました。
伊丹市の介護施設「グリーンアルス伊丹」では、先月7日に通所サービスの利用者の感染が確認されて以降、利用者や職員、その家族などにも感染が広がり、この施設に関係して7日までに合わせて60人の感染が確認されています。

施設では先月9日から通所サービスを休止してきましたが、ウイルスの潜伏期間とされる2週間の2倍に当たる4週間、施設を休止させたことなどから、感染が広がる可能性は低いとして、9日から利用者の受け入れを再開することにしました。

再開にあたっては利用者本人だけでなく、その家族にも発熱があった場合は施設を利用できなくするほか、2時間に1回は10分間の換気を行うなど感染防止対策を徹底するということです。

グリーンアルス伊丹の上田隆施設長は「多数の方が感染する事態となり、ご心配とご迷惑をおかけして申し訳ありません。3つの密を避けるなどの感染予防対策を徹底していきます」と話していました。