ニッポンの畳がまるでアートに?!岐阜・羽島の若き職人の挑戦

ニッポンの畳がまるでアートに?!岐阜・羽島の若き職人の挑戦
皆さんがよく目にする畳は四角い形のものが一般的だと思いますが、この畳がいま進化を遂げています。“えっ、これが畳?”と驚くような畳を作り始めた若い職人が心に秘めた思いとは…。岐阜県にある老舗畳店5代目の挑戦の記録です。
(岐阜放送局記者 佐々文子)

和室に突如現れたのは!?

8畳の和室に足を踏み入れると、そこに現れたのは龍。畳で作られているんです。

形も大きさも違う約200枚の畳を編み目の向きを変えて組み合わせることによって、光の当たり方で色の濃淡が生まれ龍が浮かび上がって見えるのです。

この畳を作っているのは、岐阜県羽島市の山田憲司さん(36)。150年余り続く老舗畳店の5代目で3年前に家業を継いだばかりです。

思いもよらない注文が

変わったデザインの畳を作り始めたのは知り合いからのある注文がきっかけでした。「ワゴン車の後ろに畳を敷きたい」というのです。家族でキャンプ場などに出かけた時に子どもがくつろげる空間にしたいという依頼でした。

畳といえば四角、でも求められているのは車の形に合わせた畳。思いもよらない注文に戸惑いながらも手探りで何とか作ってみると、とても喜んでもらえました。
山田さん
「思った以上にきれいにできて、これができるんだったらもっといろんな形の畳ができるんじゃないかという発想が出てきました」

伝統からモダンへ

そして作り始めたのが曲線や多角形を組み合わせたユニークなデザインの畳です。山田さんは家業を継ぐまでは会社員として住宅の施工管理の仕事をしていました。和室の減少とともに畳の需要が減っていくのを目の当たりにして、洋室に合う畳があればもっと使ってもらえるのではないかと現代的なデザインを取り入れることにしたのです。
畳は芯の部分をイグサの畳表でくるんでひとつひとつ手作業で仕上げています。価格は一般的な畳の2倍以上ですが、斬新なデザインが注目されるようになり、全国から注文が舞い込むようになりました。

広がる需要 畳の魅力とは

寄せられる注文のほとんどは、個人の住宅用。山田さんは各地に出向いて、直接、畳を納品しています。私が同行させてもらったのは、リフォーム中の横浜市のマンションの1室。山田さんは洋室の居間の3畳ほどのスペースに1時間で畳を敷き詰めました。
畳を注文した大橋美穂さん
「洋室に敷くラグマットのような感覚でちょっと変わった畳をフローリングの床に敷いてみたいと思っていました。この畳を選んで色の変化を楽しみにしていたんですけど、光の具合で見え方が変わるのでとても感動しました」
ちょっとした遊び心を忘れない山田さん、マイケル・ジャクソンの形にくりぬいて作った畳のパーツも披露して大橋さんを驚かせていました。
ことし2月に兵庫県の城崎温泉にオープンした旅館でも山田さんの畳が使われています。曲線や多角形の400枚を超える畳が敷き詰められた旅館は、築90年ほどの古い建物のたたずまいを大切にしながら現代的な雰囲気を醸し出しています。
中江さん
「畳の陰影でいろんな表現ができるということに正直驚きました。新しい感覚のすばらしいデザインは僕たちの旅館産業の未来への思いとマッチしていて、とてもいい仕事をしていただいたと思います」

自由な発想は果てしなく

床に敷く以外にも畳を活用できないかと考えた山田さんは、岐阜市の材木店と共同でいすを製作。脚を付け替えれば高さを変えて使うこともできます。
さらに、いま開発を進めているのが名付けて「無限デザイン畳」。六角形の小さな畳を組み合わせて、マリリン・モンローや坂本龍馬など誰もが知っている人の顔を畳で表現しようとしています。
このほかにも、日中に光を蓄えて夜に暗闇で光る畳の開発など、斬新なアイデアで次々と新しいことに挑戦。一方で将来の海外展開も見据えて世界中の人に畳のすばらしさを伝えたいと英語のホームページも自分で作ってさまざまなデザインの畳を紹介しています。
山田さん
「時代とともに使われなくなってしまうものもありますが、畳にはもっといろんな利用価値があり、そのポテンシャルがまだまだ引き出せていないだけだと思っています。可能性をもっと追求して、多くの人をあっ!と驚かせるような畳を作りたいです」
伝統や枠にとらわれない自由な発想で新たな畳の開発に挑戦し続ける山田さん。その姿からは、いつの時代も畳が身近な存在であってほしいというあふれる思いが伝わってきました。
岐阜放送局記者
佐々 文子
平成10年入局
秋田局、サンパウロ支局などを経て現職
一緒に写っているのは岐阜県の公式キャラクター「ミナモ」