男子ゴルフ 全英オープン中止決定 マスターズは11月に

男子ゴルフ 全英オープン中止決定 マスターズは11月に
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、男子ゴルフの海外メジャー大会で最も歴史のある全英オープンの中止が決まりました。一方、すでに延期が決まっていたマスターズ・トーナメントはことし11月に開催されることになりました。
ゴルフの全英オープンは1860年に始まった歴史と伝統のある大会で、イギリス南東部サンドイッチで7月に開催される予定でしたが、大会の主催者は6日、「開催するためにあらゆる選択肢を検討したが、開催は不可能だった」として、世界的に感染がひろがる新型コロナウイルスの影響を受けて、ことしの大会を中止すると発表しました。

全英オープンが中止になるのは第2次世界大戦の影響を受けた1945年以来です。

一方で、すでに延期が決まっていた、アメリカ ジョージア州で行われるシーズン最初のメジャー大会 マスターズ・トーナメントについてオーガスタ・ナショナルゴルフクラブは、ことし11月に開催すると発表しました。

このほか、いずれもアメリカで行われる残り2つのメジャー大会、全米プロ選手権は8月に、全米オープンは9月に、それぞれ延期して開催されることが発表されました。