岐阜 新たに11人感染確認 ナイトクラブ従業員や0歳女児も

岐阜 新たに11人感染確認 ナイトクラブ従業員や0歳女児も
岐阜県では5日、岐阜市や大垣市など4つの市で11人の新型コロナウイルスの感染が確認され、岐阜県での感染の確認は58人になりました。

このうち岐阜市の8人は集団感染が発生しているナイトクラブの従業員と、感染が確認された客の家族です。
岐阜市によりますと感染が確認されたのは20代や30代などの男女7人と、0歳の女の子1人の合わせて8人です。

このうち男女7人は従業員や客の間で集団感染が発生している岐阜市のナイトクラブ「シャルム」の従業員です。

また0歳の女の子は、店の客ですでに感染が確認されている岐阜大学医学部付属病院に勤める30代の男性医師の娘です。女の子を含めた8人はいずれも症状がないか、軽いということです。

このナイトクラブの関係者で感染が確認されたのは18人になり、岐阜市はまだ検査していない残り4人の従業員の検査を行うほか、「店を訪れた」と市に連絡が入っているおよそ30人の健康状態を聞き取ったり、市内に3店舗ある系列店について調べたりするということです。

また岐阜県によりますと大垣市に住む10歳未満の小学生の女の子、瑞穂市に住む60代の男性、各務原市に住む50代の女性の合わせて3人の感染が確認されました。3人の症状はいずれも軽いということです。

岐阜県内で新型コロナウイルスの感染が確認されたのは58人になりました。