新型コロナ「感染したら…」対応考えている人は40%

新型コロナ「感染したら…」対応考えている人は40%
新型コロナウイルスについて、ほとんどの人が大規模イベントに行かないとか、こまめに手を洗うなどの感染対策はとっているとしたものの、体調が悪化したときの相談先や移動手段など、自分が感染した際の対応を具体的に考えている人は、およそ40%にとどまることが東京大学などの研究グループの意識調査で分かりました。グループは、自分が患者になるかもしれないという意識を持ってもらい、対策を徹底することが必要だとしています。
調査は、東京大学医科学研究所の武藤香織教授らのグループが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、どうすれば行動を変えてもらえるか探ろうと先月下旬、インターネットを通じて行い、20歳から64歳の1万1000人余りが回答しました。

調査では、76.4%の人が「さまざまな対策をとっている」か、「多少の対策をとっている」と答えた一方、4.5%は「なにも対策をしていない」と答え、年代が上がるほど対策を行っている割合が高く、20代が最も低くなっていました。

具体的にとっている対策として「大規模イベントに行かない」が86.8%、「こまめに手を洗う」が86.4%、「密閉・密集・密接の『3密』を避ける」は80.5%と高く、感染対策について一定程度、意識が浸透してきているとみられるとしています。

その一方で「体調が悪化したときの相談先や、移動方法の準備」は41.5%、「自分より高齢者との接触は避ける」が26.3%などと低く、自分や家族も感染して患者になるかもしれないという意識が根付いていない可能性があると分析しています。
武藤教授は「自分も患者になるかもしれないという危機感が、対策をより徹底することにつながる。どんな事態が待っているのか、家族で話し合っておくことが必要だ」と話しています。