トランプ大統領「非常に厳しい2週間に」 新型コロナに危機感

トランプ大統領「非常に厳しい2週間に」 新型コロナに危機感
k10012361811_202004011219_202004011220.mp4
アメリカで新型コロナウイルスの感染者が急増する中、トランプ大統領は「非常に厳しい2週間になる」と述べ、感染の広がりに危機感を示しました。そのうえで、感染拡大を食い止めるために不要不急の外出を控えることなどをまとめた行動指針に従うよう国民に強く促しました。
アメリカでは、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、ジョンズ・ホプキンス大学の先月31日時点のまとめで、感染者は全米で18万9000人を超え、死亡した人は3900人となっています。

トランプ政権の対策本部は31日、ホワイトハウスで記者会見し、感染症の専門家のバークス氏は、アメリカの研究機関の分析などをもとに、国民が外出を控え人との接触を避けるなどの措置をとっても、死亡する人が10万人から20万人に上る可能性があるという見方を示しました。

アメリカではニューヨークやその周辺のほか、中西部ミシガン州や南部ルイジアナ州などでも感染者が急増していて、記者会見に同席したトランプ大統領は「われわれは非常に厳しい2週間を経験することになるだろう」と述べ、感染の広がりに危機感を示しました。

トランプ政権は先月、国民に向けて行動指針を明らかにし、10人を超える集会に参加しないことや不要不急の外出を控えることなどを呼びかけていて、トランプ大統領は「生死に関わる問題だ。アメリカ国民は指針を守ることが極めて重要だ」と述べ、今後30日間この指針に従うよう国民に強く促しました。

知事がツイッターで医療従事者に支援呼びかけ

アメリカ中西部ミシガン州では、31日までに7615人が新型コロナウイルスに感染し、死亡した人は259人にのぼり、アメリカメディアによりますと、死者の数は東部のニューヨーク州とニュージャージー州に次いで3番目に多くなっています。感染拡大を受けて、ミシガン州のホイットマー知事は州の医療体制がひっ迫しているとして、ツイッターで支援を呼びかけました。

投稿された動画の中でホイットマー知事は「アメリカに住む医療従事者の皆さん、ミシガン、特にデトロイトはあなたを必要としています。新型コロナウイルスから命を守るため、医師や看護師などを募集します」と全米の医療従事者に呼びかけています。