中国駐日大使 “近く習主席と安倍首相が電話会談”見通し示す

中国駐日大使 “近く習主席と安倍首相が電話会談”見通し示す
k10012354731_202003280512_202003280520.mp4
中国の孔鉉佑駐日大使は27日、都内で記者会見し、新型コロナウイルスへの対応をめぐって、近く習近平国家主席と安倍総理大臣の電話会談が行われるという見通しを示しました。
中国の孔鉉佑駐日大使は27日、日本記者クラブで会見し、新型コロナウイルスへの対応をめぐって、習近平国家主席と安倍総理大臣の電話会談に向けた調整が進められていることを明らかにしたうえで、「遠くない将来に実現するだろう」と述べました。

そのうえで孔大使は、日中間の往来が制限される中、両国が協力して、国民の安全を確保しながら経済への影響を最小限に抑える必要があるという認識を示しました。

また、来月に予定されていた習主席の日本訪問が延期されたことについては、「今の困難はあくまでも一時的なもので、中日関係の上向き基調には変わりはない」と述べ、訪問の時期について、引き続き両国間で協議を行う考えを示しました。

一方で、孔大使は、ウイルスの感染源をめぐって米中両国が非難の応酬を続けていることについて、「アメリカのほうから議論を挑発した。中国に責任を転嫁するやり方には断固反対する。発生源については専門家以外のいかなる議論も全く意味がない」と述べ、強く反発しました。