和牛など消費落ち込み 感染拡大影響で 農相 “対策検討”

和牛など消費落ち込み 感染拡大影響で 農相 “対策検討”
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、和牛などの消費が落ち込み、在庫が急速に増えていることについて、江藤農林水産大臣は対策を検討していく考えを示しました。
農林水産省によりますと、外国人観光客の減少や宴会のキャンセルなどを受け高級食材の消費が落ち込み、ランクの高い和牛が値下がりしているうえ、在庫として倉庫に積み上がっています。

これについて江藤大臣は、27日の閣議のあと記者団に対して「全国の食肉処理施設の倉庫に在庫が積み上がって、これ以上入らない状況だ。生産から流通、消費の流れをなんとかする施策は必ず必要になる」と述べ、対策を検討していく考えを示しました。

これについて自民党内では、国産の牛肉の購入を促進するための「お肉券」などを発行することや、学校給食での利用、事業者が行う販売促進活動の支援などの案が検討されています。

しかし政府内では、お肉券について、肉に限定することなどに慎重な意見が出ています。