東京パラリンピック 大会までの選手クラス分けに課題山積

東京パラリンピック 大会までの選手クラス分けに課題山積
東京パラリンピックが来年に延期されたことを受けて、新たに障害のクラス分けを受けなければ東京パラリンピックに出場できなくなる選手がいることがわかり、専門家は新型コロナウイルスの収束が見通せないなか、東京大会までにクラス分けを終えるためには、多くの課題があると指摘しています。
パラリンピックの競技では、選手が公平に競えるよう、競技ごとに障害の種類や程度に応じたクラス分けを国際大会などで行っていて、障害によっては、判定について有効期間が設けられています。

関係者によりますと、東京パラリンピックが1年程度延期されることが決まったことで、大会までにクラス分けの有効期間が切れる選手がいるということです。

ただ、新型コロナウイルスの感染拡大がいつ収束するか見通せないなか、クラス分けを実施するための国際大会は、各競技で相次いで延期や中止になっていて、東京大会までにクラス分けが終了するかどうか懸念する声が、競技団体などからあがっているということです。

国際的なクラス分け判定の資格を持つ、日本パラ陸上競技連盟の指宿立強化委員長は、東京大会の日本代表に内定している選手の一部もクラス分けを受け直す必要があるとして、できるかぎり早くクラス分けを再開する必要があると指摘し、国際競技団体が、早い時期にクラス分けのスケジュールを示すよう求めています。

ただ、大会が再開されたとしても、クラス分けを受けられていない選手のエントリーが集中して、調整が難航することも予想されるということで、指宿強化委員長は、東京大会までにクラス分けを終えるためには、多くの課題があると指摘しています。

指宿強化委員長は「クラス分けによって競技の公平性を保つことは、パラスポーツの基盤なので、ないがしろにはできない。東京大会までの間に、いかにクラス分けの機会を確保できるかが最大の関心事だ」と話していました。