朝乃山の地元 富山 テレビ観戦し声援

朝乃山の地元 富山 テレビ観戦し声援
千秋楽の22日、朝乃山の地元、富山市呉羽町の公民館では近所の人が集まり、テレビで観戦しながら声援を送りました。
朝乃山の地元、呉羽町の貴船巻公民館では、取組をテレビで見ながら応援しようと近くに住む20人ほどが集まりました。

公民館では集まった人たちによる必勝祈願が行われ、神棚に向けて祈ったあと、全員で声をそろえて「気合いだ」と叫んで朝乃山の勝利を願いました。

取組の前、60代の男性は「毎日はらはらどきどきしながら取組を見てきました。なんとしても勝ってほしいです」と話していました。

そして取組が始まると「がんばれ」「負けたらいかんぞ」などと大きな声で声援を送りました。

そして朝乃山が勝つと、集まった人たちが声をそろえて「万歳」と叫んで、くす玉を割って勝利を祝いました。

また、朝乃山の大関昇進が確実となり、速報スーパーがテレビで流れると、集まった人たちが近くにいる人とハイタッチをして喜び合っていました。

67歳の男性は「大関昇進が確実となり感激しました。地元からこうした人が出てきてとても嬉しいです」と話していました。

地元の町内会長を務める田口昌幸さんは「私たちに元気を与えてくれる朝乃山は地元の星です。これからも番付を上げてげていってほしいです」と話していました。