新型コロナウイルス 新潟県で新たに2人感染確認 県内27人に

新型コロナウイルス 新潟県で新たに2人感染確認 県内27人に
新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、新潟県では21日、新潟市の70代の男性と長岡市の30代の男性の合わせて2人がウイルスに感染していることが新たに確認されました。
新潟県の花角知事は21日、午後2時から県庁で対策本部会議を開き、新型コロナウイルスの感染者が新たに1人確認されたと発表しました。

新たに感染が確認されたのは長岡市に住む30代の会社員の男性です。今月15日に39度台の発熱とせきの症状があり、その2日後に県内の医療機関を受診しましたが熱が下がらず、20日、帰国者・接触者外来で検体を採取して21日、感染が確認されたということです。

県によりますと、男性は引き続き発熱しているほか、下痢の症状もみられ、入院したということです。男性はこれまでに県内で感染が確認されている人の濃厚接触者ではないということで県が行動歴や感染経路を調べています。

会議のあと花角知事は、「あちこちに感染者がいる、いわゆる市中感染ではなく、一定程度に収まっている状態だ。関係機関との連絡を緊密にし、感染者の早期発見や適切な医療の提供に努める」と述べました。

一方、新潟市は、中央区に住む70代の男性がウイルスに感染していたことが確認されたと発表しました。

今月2日に感染が確認された40代の自営業の男性の父親で、新潟市は濃厚接触者として健康状態を観察していたということで、19日、市の職員が男性のもとを訪ねたところ、衰弱していたことから救急車で病院に搬送され、入院したということです。

男性には発熱や肺炎の症状がみられるということで検査の結果きょう、ウイルスへの感染が確認されました。市は男性の行動歴や濃厚接触者について調べています。

新たに2人の感染者が確認されたことで新潟県内の感染者は27人になりました。