JR原宿駅の新しい駅舎 きょうから利用開始

JR原宿駅の新しい駅舎 きょうから利用開始
k10012342801_202003211135_202003211135.mp4
東京オリンピック・パラリンピックに向けて建設が進められていたJR山手線・原宿駅の新しい駅舎が完成し、21日から利用が始まりました。一方、都内で最も古い木造駅舎として親しまれた建物は役割を終え、96年の歴史に幕を下ろしました。
原宿駅は、大正13年に建てられた都内に残る最も古い木造駅舎ですが、耐火性能が不十分などとして解体されることが決まり、21日未明の最終電車で最後の営業となりました。

そして、21日午前1時10分すぎ、原宿駅の駅員らが1列に並ぶと、「96年間ありがとうございました」とあいさつし、駅のシャッターが閉められました。
21日の始発からは、隣接する新しい駅舎で営業が始まり、午前4時10分に駅のシャッターが開けられると、早速、駅舎の中に入って写真を撮ったり記念に入場券を購入したりする鉄道ファンの姿が見られました。

新しい駅舎は鉄骨2階建てで、延べ床面積は前の駅舎のおよそ4倍に広がっているほか、壁はガラス張りで明るく開放的な空間になっています。

これまで1つだったホームは外回りと内回りで2つに分けられ、午前中から多くの人が利用していましたが、人の流れはスムーズで、混雑は見られませんでした。

原宿に友人と遊びに来たという18歳の女子高校生は、「前の駅舎も好きでしたが、新しい駅舎はガラス張りでとても明るいし、改札の中も広くて利用しやすかったです」と話していました。

新駅舎の特徴は

新しい駅舎は、木造駅舎に隣接する場所に建てられ、鉄骨の2階建てで延べ床面積はこれまでのおよそ4倍と広くなっています。
新駅舎のデザインは、周辺の明治神宮や代々木体育館などとの調和をコンセプトに「主張しすぎないベージュ」を基調とし、ガラス張りで開放感がある空間となっています。

1階部分は改札とコンコースで、出入り口は、竹下通り側と表参道側のほかに新たに明治神宮側にも設けられます。

また、エレベーターを増やし、車いすの人も利用しやすい多機能トイレが整備されたほか、ベビー休憩室も新たに設置されています。

このほか、1階にコンビニエンスストア、2階に東京を中心に展開するコーヒー店がオープンします。
一方、これまで1つだったホームは、外回りと内回りでそれぞれ専用ホームとなり、混雑の緩和が見込めるということです。

原宿駅舎の歴史と特徴

原宿駅は明治39年に開業し、関東大震災のよくとしの大正13年に2代目となる木造駅舎が建てられました。

太平洋戦争では、昭和20年5月の「山の手空襲」で、青山通りや表参道などが焼け野原となる中、原宿駅は奇跡的に焼失を免れ、100年近くにわたって利用されてきました。

2階建ての駅舎は、ヨーロッパの「ハーフティンバー様式」と呼ばれる柱やはりが建物の外に露出するデザインが取り入れられ、白い外壁や屋根の8角形のせん塔の風見鶏が特徴です。

しかし、東京オリンピック・パラリンピックを前に、多くの利用客が見込まれる中、駅が老朽化しているとして、JR東日本は、4年前の平成28年に駅舎の建て替えを発表しました。

その後、駅舎の保存を要望する地元住民などの声を受け、JR東日本は協議の場を設けて対応を検討してきましたが、去年11月、耐火性能の問題などから保存は難しいと判断し、解体することを決めました。

木造駅舎は、東京オリンピック・パラリンピック後に解体されますが、耐火基準を満たした材料で再現した建物が近くに建てられる予定です。