日本とイラン外相が電話会談 25億円支援説明に謝意

日本とイラン外相が電話会談 25億円支援説明に謝意
新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、茂木外務大臣は、世界で3番目に感染者が多くなっているイランのザリーフ外相と電話で会談し、国際機関を通じておよそ25億円規模の支援を決定したと説明したのに対し、ザリーフ氏は謝意を示しました。
電話会談はイラン側の申し出を受け、20日午後3時すぎからおよそ20分間、行われました。

この中で茂木外務大臣は、イランが世界で3番目に新型コロナウイルスの感染者や死者が多くなっていることを踏まえ、国際機関を通じて医療関連の技術協力や物資供与など、およそ25億円規模の支援を決定したと説明したのに対し、ザリーフ外相は謝意を示しました。

そのうえで両外相は、感染拡大を防止するためには国際的な連携が不可欠だという認識で一致しました。

また、両外相は中東情勢について意見交換し、茂木大臣は、イランが地域の平和と安定に向けて建設的な役割を果たすよう求めたうえで、日本の関係船舶の安全確保のための自衛隊による情報収集活動について改めて説明し、ザリーフ外相は、説明を評価する考えを示しました。