新潟市 新たに保育園児ら2人の感染確認 新潟県内は計24人

新潟市 新たに保育園児ら2人の感染確認 新潟県内は計24人
新潟市は新型コロナウイルスの感染者が新たに2人確認されたと発表しました。この中には、職員3人の感染が確認されている保育園の女の子の園児1人が含まれ、これで県内の感染者は24人になりました。
新たに確認されたのは、新潟市東区の70代の女性と新潟市江南区の女の子です。

70代の女性は、今月14日に感染が確認された80代の男性の妻で、37度台の熱があるということです。

また、女の子は、保育士を含む職員3人の感染が確認されている新潟市中央区の山潟保育園の園児で、せきが少しあるということです。

市によりますと、この保育園の濃厚接触者は、園児がおよそ60人、職員がおよそ30人で、このうちPCR検査を実施したのは、園児が33人で、1人が陽性、32人が陰性、職員が19人で3人が陽性、16人が陰性となっています。

山潟保育園での感染の確認が相次いでいることについて、新潟市の野島晶子保健衛生部長は、「少人数のクラスターということばがあるので、1つの小さなクラスターが形成されたと考えられる。たまたま感染者が保育園にいて、そこから感染してしまった」と話していました。

一方、山潟保育園は来週23日まで休園の措置を延長することになりました。19日新たに2人の感染が確認されたことで県内の感染者は24人になりました。