小4女児虐待死事件 父親に懲役16年の判決 千葉地裁

小4女児虐待死事件 父親に懲役16年の判決 千葉地裁
k10012339401_202003191229_202003191233.mp4
千葉県野田市で小学4年生の女の子を虐待して死亡させたとして傷害致死などの罪に問われた42歳の父親に対し、千葉地方裁判所は「独善的な考え方と支配欲から絶対的な力の差にものを言わせ虐待を加え続けたもので、酌量の余地などみじんもない」として懲役16年の判決を言い渡しました。
去年1月、千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛さん(当時10)が自宅の浴室で死亡しているのが見つかった事件では、父親の勇一郎被告(42)が冷水のシャワーを顔に浴びせ続けて死亡させたなどとして傷害致死などの罪に問われています。

先月から開かれた裁判員裁判で、被告は傷害致死の罪については争わないとする一方、具体的な暴行の内容については大部分を否定したほか、日常的な虐待はなかったと主張するなど検察の主張と多くの点で対立しました。

検察が懲役18年を求刑したのに対し、被告の弁護士は「しつけのつもりが行き過ぎたもので日常的な虐待はしていない」などと主張していました。

19日の判決で千葉地方裁判所の前田巌裁判長は、「被告の主張は客観的整合性がなく都合のいいことをつまみ食い的に述べていて信用できない。徹底的な支配により肉体的にも精神的にも心愛さんを追い詰め、異常なほどの陰惨さとむごたらしさ、虐待の意思が浮かび上がっている」と指摘しました。

そのうえで「本来愛情を注がれるはずの父親から理不尽極まりない虐待を受け続けて絶命した悲しみや無念は察するに余りある。愛情が裏目に出たはずみで暴行したようなものではなく、独善的な考え方と支配欲から、絶対的な力の差にものを言わせ虐待を加え続けたもので、酌量の余地などみじんもない。また、謝罪のことばを述べるものの、心愛さんの人格をおとしめる不合理な弁解に終始していて、反省は見られない」などとして懲役16年の判決を言い渡しました。

判決理由が読み上げられている間、被告はまっすぐ前を見たままでした。

子どもを虐待死させた事件の裁判員裁判では懲役10年前後の判決が多く、今回の懲役16年はこれまでの傾向を大きく超え、異例の重い刑と言えます。

被告 主文読み上げられると深く頭を下げる

被告は黒いスーツに青のネクタイ、めがねを身につけて入廷すると傍聴席に10秒ほど頭を下げてから弁護士の横の席に向かいました。その後裁判長に証言台の前に立つように促され、立ったまま主文の言い渡しを受けました。主文が読み上げられると裁判長のほうを見て深く頭を下げていました。

裁判傍聴希望者 倍率は20倍超

千葉地方裁判所では、開廷の2時間ほど前の午前9時すぎから傍聴を希望する人たちが列を作りました。

裁判所によりますと、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため一般の傍聴席を減らす対応を取り、21席の傍聴席に対して436人が傍聴を希望したということで、倍率は20倍でした。

裁判の争点への判断は

裁判では傷害致死の罪に問われた心愛さんが亡くなるまでの虐待の内容や、日常的に虐待が行われていたかどうかなどが争点となりました。

被告は傷害致死の罪について「争わない」とする一方で、心愛さんに対する具体的な暴行の大部分は否定し、検察の主張と対立しました。

検察が、被告が心愛さんに食事を与えないよう妻に指示し、心愛さんに冷水のシャワーを浴びせ続けたなどと主張したのに対し、被告は「食事を与えないよう指示したことはない」と否定したほか、「シャワーを3回くらいかけたが、1回当たり長くて3秒くらいだ」などと述べていました。

これについて判決では「遺体の状況と被告の説明は整合性が取れない。都合の良い部分のみをつまみ食い的に述べて、『事実しか話していない』と強弁している」と指摘し、検察の主張をほぼ全面的に認めました。

続いて日常的に虐待が行われていたかどうかです。

検察が長期間日常的に虐待が行われていたと主張したのに対し、被告の弁護士は「しつけのつもりが行き過ぎたもので日常的な虐待はしていない」と否定していました。

この点について判決は「理不尽な虐待を常態化させ、エスカレートさせた。一連の虐待は被害者の人格と尊厳をも全否定するものだった」として検察の主張を認めました。

さらに被告が心愛さんや心愛さんの母親に対し、家庭で支配的な立場にあったかどうかについてです。

検察は被告が圧倒的な力の差で家族を支配していたと主張したのに対し、被告はこれを否定していました。

判決は「長期間にわたり行動を監視し、暴力を振るって妻を支配した。心愛さんも支配下に置いて社会や家族から切り離し、救いの手を徹底的に排除した」と指摘しました。

虐待死で懲役16年は異例の重い刑

子どもを虐待の末に死亡させた罪に問われた事件の裁判員裁判で、懲役16年の判決は異例の重い刑と言えます。

東京 目黒区で5歳の女の子が虐待を受け死亡した事件では、去年、東京地裁が父親に懲役13年を言い渡しました。

埼玉県狭山市で3歳の女の子が虐待を受け死亡した事件でも、3年前に、さいたま地裁が母親に懲役13年を言い渡しています。

また、大阪 寝屋川市で1歳の女の子が死亡した事件で、平成24年に大阪地方裁判所が裁判員裁判で審理した結果、検察の懲役10年の求刑に対し、「児童虐待防止の社会情勢を考えると今まで以上に厳しい刑を科すべきだ」などとして、両親に求刑よりも大きく重い懲役15年を言い渡した例があります。

最高裁判所が、この判決を取り消して父親に懲役10年、母親に懲役8年を言い渡した際、「従来の傾向を変えるような場合には具体的に説得力をもって理由が示される必要がある」という初めての判断を示していました。

子どもを虐待死させた事件の裁判員裁判では、懲役10年前後の判決が多く、今回の懲役16年はこれまでの傾向を大きく超え、異例の重い刑と言えます。

野田市 鈴木市長「命守れず本当に申し訳ない」

今回の事件では行政の対応に問題があったことも明らかになっています。

19日の判決について千葉県野田市の鈴木有市長は「改めて心愛さんの命を守れず本当に申し訳ないという思いでいっぱいです。このような悲惨な事件の犠牲者を二度と出すことのないよう市民や関係機関と協力しながら大切な子どもたちの命を守ることのできる組織を作り全力で取り組んでまいります」というコメントを出しました。

また、野田市教育委員会の佐藤裕教育長は「大切な命を守りきれなかったことは痛恨の極みです。痛ましい事件を二度と起こさないためにも全庁をあげて組織として対応し全力で取り組んでまいります」とコメントしています。

森田知事「助けてあげられなかった 本当に悔やまれる」

今回の事件で、千葉県の児童相談所は被告と心愛さんに関わりながら適切な対応を取れなかったことが明らかになっています。

19日の判決について千葉県の森田知事は「改めて心愛さんが受けた過酷な苦しみを思うと、県の児童相談所が関わっていながら助けてあげられなかったことが本当に悔やまれます。心愛さんへの追悼の意を胸に、職員一人ひとりが今回の事件を決して忘れず、子どもの命を最優先にさらなる虐待防止対策に全力で取り組んでまいります」というコメントを出しました。

専門家「極めて悪質 検察の主張100%認められた」

判決を傍聴した刑事法が専門で千葉大学大学院の後藤弘子教授は、懲役16年の判決について「極めて悪質な部類と認められたと思う。反省の姿勢がみられず、求刑どおり18年になる可能性もあると思っていたが、ほかの事件の量刑とのバランスを考えた可能性がある」と述べました。

また検察と被告の主張が対立していた点については「被告の主張は信用できないとして、客観的な証拠と母親の証言で丁寧に一つずつ確認していき検察の主張が100%認められた。被告の言い分は社会では通らないということが明らかになった。一方、今回の事件で児童相談所や教育委員会がうまく機能しなかったのは事実であり、判決が出たからといって、行政の対応が帳消しになるわけではないということを認識してほしい」と話していました。

第三者委「重く受け止めなくてはいけない」

この事件をめぐって児童相談所などの対応について検証を行ってきた千葉県の第三者委員会の川崎二三彦委員長は、19日の裁判を傍聴し「検察の主張をほぼ認めていて亡くなった心愛さんのことを考えても、よかった。一方、虐待をした経緯について被告はあらゆる核心部分を否定していて明らかにはならなかった。『虐待をやっていない』と思い込んでいるのかもしれないが、そうであれば非常に大変なことだ」と述べました。

そのうえで「裁判の中ではこの事件を防げなかった周囲の問題についても指摘された。児童虐待の再発防止のために重く受け止めなくてはいけないと思った。児童虐待の加害者となる親がみずから事実を話すということは難しく、その中でどうやって関係機関が事実を確認していくのかというのは、大きな課題だと感じた」と話していました。

裁判員たちは…

裁判員や補充裁判員を務めた6人が判決のあと取材に応じました。このうち裁判員を務めた30代の会社員の男性は、「被告が本当のことを話してくれていない印象でモヤモヤが残っている。真実を伝えてほしかった。時に涙を流していたが、自分のための涙だと思った。最初から最後まで一貫して自分も“被害者”だと思ってるのではないかと感じた」と話していました。

さらに心愛さんが暴行を受けている動画などの証拠について、「2人の子を持つ親として自分の子どもの姿と重なるところもありつらかった」と話していました。

また、裁判員を務めた女性は、「心愛さんの虐待の動画などを見てどうして小学4年生の女の子がこんな被害にあわなければいけないのか、被告に対してなぜこんなことをしたのかという思いが募った。裁判員として公平に見なくてはいけないのがとても大変だった」と涙ながらに話しました。

このほか「心愛さんを助けるのに周囲の大人の救いの手があと一歩足りなかったことが悲しい。大人が手を差し伸べ、虐待がなくなる世の中になってほしい」とか、「この事件にかかわったことをきっかけに児童虐待の事件について考え続けたい」といった声が聞かれました。

支援団体「被告は虐待を全く認識せず 更生は大変」

加害者やその家族の支援団体「ワールドオープンハート」の理事長を務める阿部恭子さんは、勇一郎被告の家族から依頼を受け被告と3回接見したほか手紙を送りました。

判決前、阿部さんが重い判決が出る可能性があると伝えると、被告は「ああそうですか」と淡々と答えていたということです。

またこれまでに差し入れた家族をテーマにした本をすでに読んでいて、「繰り返し読みます」と話していたということです。

一方、阿部さんは19日の判決について、心愛さんの祖母で被告の母親と電話でやり取りした内容についても明らかにしました。

母親は「検察が求刑した懲役18年の刑を覚悟していた。16年という判決を家族としては厳粛に受け止めたい」としたうえで、控訴など今後の対応については「本人の問題なので、判断を見守りたい」と話していたということです。

また母親はこれまで裁判を傍聴し「息子が暴力をふるった原因を心愛さんのせいにしていることにショックを受けた」とも話していたということです。

阿部さんは今後、被告の更生に関わっていきたいとしていますが被告について「虐待を全く認識していないうえ、事件の捉え直しも全然できておらず、今後の更生はすごく大変だと思っている。こうした場合家族による更生は難しく、専門家の力が必要だと思う。長い時間がかかるだろうが今後も被告と対話を重ね、取り組んでいきたい」と話していました。

更生支援団体「心愛さんがどんな気持ちだったか想像して」

虐待やDV加害者の更生を支援する団体「エープラス」の代表を務める吉祥眞佐緒さんは「虐待の事件で懲役16年は重い刑だと思いますので、その意味を受け止めてほしいと思います。おそらく彼は自分の言ったことがどうして受け入れられないのか混乱している状態だと思います。時間はかかるが適切な支援を受けて罪をつぐない、心愛さんがどんな気持ちだったのか想像してほしい。判決を何度も読み返し、自分のしたことを認めることから始めてほしい」と話していました。

「被告の主張は多くの虐待加害者と重なる」

これまで200人以上にのぼる、虐待やDVの加害者の更生に関わってきた吉祥眞佐緒さんは今回の裁判の傍聴に通いました。

吉祥さんは法廷での被告の主張が多くの加害者の主張と重なる部分があると感じたといい、「被告は基本的に無表情で単調な話し方をする一方で、自分に非があるような質問をされたときには流ちょうな抑揚のある話し方をしているのが印象的だった。私がこれまで見てきた加害者たちとほぼ同じ言動で、どの質問に対してもきっかけをつくったのは子どもであり妻であると答えているところが特徴だ」と話しています。

先週、吉祥さんが代表を務める団体「エープラス」ではDVの元加害者の更生を支援するプログラムが開かれ、参加者たちの間では今回の裁判も話題になりました。長年、プログラムに参加してきた人たちからは、被告の主張は過去の自分の主張と重なるという声が聞かれました。プログラムに7年余り参加しているという50代の男性は、「人を支配して力で押さえつける。やっていることは基本的に一緒だなと感じた。『お前が怒らせているんだ』といった物言いは典型的なパターンだと思う」と話していました。

5年余り参加しているという40代の男性は、「彼の中で信念を通すために小さな暴力が徐々にエスカレートしてあそこまでいったのだと思う。自分もそうだったが『大ごと』になっていない時と変わらない気持ちでいたと思う」と振り返りました。

また、被告が自身の行為の大部分について本心では虐待ではないと思っているのではないか、という人もいました。9年間参加しているという40代の男性は「言っていることは本音だと思うが、自分の言ってることに気付いていないというか、被害者に対して申し訳ないということに全然気づけていないのではないか。考えが変わったときに、罪の重さに気付くことができるのではないかと思う」と話しました。

吉祥さんは「被害者に原因がある」とか「しつけのつもりだった」という加害者側の論理から抜け出すのは簡単ではなく、更生するためには今後、被告が時間をかけて自分自身と向き合うことが重要だと指摘します。吉祥さんは「加害者更生のプロセスで1番大きいのは、自分がやったことをすべて認めることだがそれは非常に難しい。さらにそのあとは自分がひどい虐待やDVをしてしまったとき、その相手がどれだけつらかったのか想像するという難問が待っている。どうして相手にひどいことをしてしまったのか考えなければいけない。そこに時間がかかる」と話しています。

吉祥さんはさらに行政が、虐待を認めない被告への対応を誤った今回の事件を教訓に、加害者の論理を知り適切に対応していくスキルを高める必要があると指摘します。

吉祥さんは「行政の関係者は虐待やDVの加害者はモンスターのような非常におそろしい人物だという思い込みが強いと思う。今回の事件ではやみくもに怖がって腫れものに触るような態度を取ってしまったことで、結局、彼がモンスターのようにふくれあがってしまった。加害者のことを知っていれば、そんな大きな存在でもなければ恐怖を感じる人でもないということがわかる。『私たちにはその手は通用しないんです』ということがきぜんと言えれば加害者はあきらめる。そのトレーニングが必要だと思う」と話しています。