ヨーグルトやドラキュラだけではないんです

ヨーグルトやドラキュラだけではないんです
東ヨーロッパのブルガリアやルーマニアと聞くと、どんなイメージが湧くでしょうか。ブルガリアは、やはり「ヨーグルト」や女性なら「バラの香水」とか。ルーマニアというと「ドラキュラ伝説」や、もしかしたら「コマネチ選手」が思い浮かぶ人もいるかもしれません。しかし、世界の企業関係者の間では今、東ヨーロッパ地域のある「宝」が注目され、日本からも熱い視線が注がれ始めています。現地を訪れました。(ウィーン支局長 禰津博人)

最新のゲーム開発がブルガリアで

ブルガリアの首都ソフィア。その中心部にある近代的な建物には、日本の大手ゲーム会社「セガゲームス」のスタジオがありました。働くのは、地元ブルガリアの若手ITスペシャリストたち。
このスタジオで今、ことし世界で発売する予定の、古代ギリシャ戦争をテーマにした最新のストラテジーゲームの開発が進められています。
ゲームには、まるで映画のようなCGを駆使し、当時の鎧(よろい)や盾、剣などの質感を再現するため、凸凹感や光の表現にこだわりを。さらに、見せ所の大規模な戦闘シーンは、複数のキャラクターがなめらかに動くようにプログラミングされているということです。
こうした最新のゲーム開発のため、地元で行われるITイベントなどを通じてITスペシャリストを次々と採用し、現在170人まで増えています。私が訪れた時に目にしたのが、スタッフによる立ったままのミーティング。自由活発に議論が交わされ、その雰囲気はアメリカのシリコンバレーのようでした。

世界に事業を展開するこの会社は3年前、ブルガリアに注目し、現地のゲーム会社を買収。さらに去年からは、ヨーロッパ全域のゲームの品質管理を担わせることにしました。

そして、優秀なIT人材を生かし、今後はブルガリアを東ヨーロッパの開発拠点にすることを視野に入れています。

なぜ東欧はIT人材の宝庫?

日本のゲーム会社が注目するブルガリアですが、実はすでに多くの欧米のIT企業が、この地域のIT人材にねらいを定めています。
首都ソフィアにある「テックパーク」と呼ばれる商業施設には、欧米のIT企業など25社が進出。政府の支援を受けて安いテナント料で入居し、地元の大学などの研究機関とも連携して、ここを拠点に集まったIT企業が世界に挑戦しています。

例えば、ブルガリアのIT関連団体の代表によると、ブルガリアのIT企業に委託されたビジネスの売り上げは、この7年で4倍にまで成長。ブルガリアのIT分野のスペシャリストの数は、人口比で見ると、ヨーロッパでもっとも多いそうです。

なぜ、ブルガリアなどの東ヨーロッパはIT人材が豊富なのか。3つの理由を挙げられそうです。
<1:数学など理数系の英才教育>
もともとブルガリアやルーマニアなどは、旧共産圏時代から数学や理数系教育に力を入れてきました。例えば、コンピューターの生みの親はブルガリア系の物理学者。国際数学オリンピックでも、ブルガリアやルーマニアは優勝経験のある古豪として知られています。ブルガリアには現在、数学に特化して英才教育を行う学校が30以上あり、プログラミングの土台となるアルゴリズム教育にも力を入れるなど、人材育成に取り組んでいるのです。
<2:言語ペラペラの国際人材>
そして、2つ目は多彩な言語を話す国際人が多いことです。私もルーマニアを訪れて感じたのは、母国語のルーマニア語に加え、英語はもちろん、同じラテン系の言語であるフランス語やイタリア語、スペイン語などを習得している人が、少なくありませんでした。このため、アメリカやヨーロッパなどで活躍できる国際的な人材がそろっているというのです。
<3:EU内での安い人件費>
最後は安い人件費です。ブルガリアやルーマニアは2007年にEU=ヨーロッパ連合に加盟しましたが、西ヨーロッパとの経済格差はいまも埋まらず、EUで最も貧しい国の1つと言われています。こうしたことから人件費が安く、一般の労働者の人件費は、EUの平均の4分の1から5分の1で、IT人材の人件費は平均の半分ほどだそうです。
AI=人工知能や、さまざまなモノがインターネットにつながるIoTなど、IT分野の成長が続く中、優秀なITエンジニアは、各国とものどから手が出るほどほしい人材です。

一方、東ヨーロッパ諸国はいま、IT産業こそが西ヨーロッパとの格差解消の切り札と考えています。このため、例えばルーマニアでは、ITエンジニアに課税される所得税は、なんとゼロにするなど、大盤ぶるまいです。国を挙げて、IT人材の育成を進めていて、若者にとってITエンジニアは、高給取りかつ世界で活躍できる花形の職業となっています。こうしたことから、東ヨーロッパの「優秀」で「国際的」、それでいて「人件費が安い」IT人材は、まさに宝だとして注目されているのです。

社長と大統領に聞いてみた

実際にブルガリアに開発拠点を置いた企業は、成果を挙げたのでしょうか。現地を訪れた、セガゲームスの松原健二社長に話を聞きました。
「ブルガリアを調査してわかったことは、エンジニアのタレントがすごくそろっているということ。イギリスやフランスでも新しいスタジオの候補地を探しましたが、今後東ヨーロッパが、どんどん伸びていく可能性があると思いました。そして、思った以上に非常に成長が速く、もうすぐ独り立ちできるのかなと感じています。ブルガリアにもっと投資していきたいと思うほど、この3年間で成果があがっています」
一方、ブルガリア側は日本との協力をどう考えているのでしょうか。政治レベルでは、おととし安倍総理大臣が、日本の首相として初めてブルガリアを訪問し、経済面の協力を拡大するなど、関係作りに力を入れています。

その際、安倍総理大臣と会談したのがブルガリアのラデフ大統領。先月には、「セガゲームス」のスタジオを訪れ、ゲーム開発の現場を視察しました。
元空軍司令官で、パイロットとして戦闘機を操縦したラデフ大統領は、シューティングゲームにも挑戦。終始、ゲーム開発の様子に興味津々で、今後も積極的に支援する考えを明らかにしました。
ラデフ大統領
「ブルガリアでは、GDP=国内総生産のうちIT部門の割合が、年々上昇していて、多くの海外企業にとって、ブルガリアと連携することはメリットです。ブルガリアは今、東ヨーロッパのIT部門やフィンテックのリーダーとなっています」
さらに大統領は、イギリスのEUからの離脱も追い風になると言います。
「イギリスのEU離脱は、EUにとっては損失ですが、われわれにとっては新たなチャンスです。この機会を最大限に利用したい。イギリスに進出した企業は、より安定した場所に移転しようとするでしょうが、ブルガリアにはその素地がそろっていると言えます」
そして、ラデフ大統領は、日本との協力を一層進めたい考えを示しました。
「セガのスタジオは極めて印象的でした。ブルガリアがIT分野で強い潜在力をもっていることを、まさに示してくれました。私はまだ、今の日本との貿易量、投資量には満足していません。日本の投資によって、ブルガリアのハイテク産業が発展し、付加価値がつき、新しいビジネスモデルを生み出せると思っています」

金の卵を取りに行け!

一方、ブルガリアの隣国ルーマニアでは、日本の大手企業のユニークな取り組みが始まっています。IT人口が11万人と、東ヨーロッパで最大級と言われるルーマニア。
そこに、日本の大手人材派遣会社の「ヒューマンリソシア」が乗り込み、有能なIT人材を採用して日本に送り込む活動を始めています。

日本ではいま、IT人材が不足していると言われています。この会社は、これまでにルーマニア国内の3つの大学と提携を結びました。去年11月には、その1つである首都ブカレストの大学で、早速、採用面接を始めました。

集まったのは、大学でコンピューターサイエンスなどを専攻する学生のほか、日本語を学んでいるルーマニアの学生たち。みな口々に、将来日本で働きたいと語っていました。
採用面接を行った橋口竜治さんは、「インドと比べると、ルーマニアは知名度は低いが、世界的に有名な企業やスタートアップが集結している。技術力が高いIT人材を確保できるし、日本と比べると人件費がリーズナブル。われわれもねらっていきたいです」と話していました。

その面接で採用が決まった1人、ゲオルゲ・デニスさん20歳。デニスさんは4歳の時、両親から誕生日にパソコンをプレゼントされたことをきっかけに、独学でプログラミングなどを学んだとのこと。
現在、大学生のデニスさんは、学部の先生から「大学で奨学金をもらうなど、非常に優秀」とのお墨付き。学生ながら、大学の学部の公式ホームページの管理を任されていました。

もともと日本の歴史やアニメなどのポップカルチャーを通じて、日本に関心があったそうですが、去年、日本で初めて2週間旅行し、いずれ日本で働きたいという思いを強めたそうです。

来年、大学を卒業した後、日本で働く予定で、「早く自分のIT技術を生かしたい。その日が来ることを指折り数えている」と、待ちきれない様子でした。

東欧をめぐる人材争奪戦 日本は勝てるのか

東ヨーロッパのIT人材をめぐる争奪戦は、ほかのヨーロッパの国や、IT大国アメリカからの進出が早かった一方、日本は出遅れているといいます。また、近年は中国や韓国も、この地域の人材に関心を寄せているそうです。日本は、そうしたライバルたちとの競争に勝てるのでしょうか。
実は、ルーマニアやブルガリアなどは、ヨーロッパの中でも日本語教育が盛んで、伝統的に親日国として知られています。また、現地に駐在する日本人からは、「まじめな人が多く、日本向きではないか」という声も聞きました。日本にとって巻き返しの余地はありそうです。
東ヨーロッパで、日本企業の進出やビジネス活動の支援を行っている宮垣雄貴さんは、「4、5年前に比べて、日本企業からの問い合わせがかなり増えています。日本企業だと、どうしても進出先はまずアジアとなりますが、皆さんは一とおり調べ終わっていて、東ヨーロッパの名前が出ているようです。最近は、日本企業と東ヨーロッパの地場のスタートアップ企業との業務提携なども増えています」と話しています。

世界、そして日本の企業も着々とねらいを定める東ヨーロッパの“シリコンバレー”。人材の争奪戦はさらに激しくなりそうです。
ウィーン支局長
禰津博人
2002年入局。国際部、政治部、テヘラン支局、ワシントン支局を経て、現在、中東欧と国連、核問題を担当。