滋賀 大津で20代女性感染確認 欧州など10か国旅行から帰国

滋賀 大津で20代女性感染確認 欧州など10か国旅行から帰国
滋賀県はヨーロッパなど海外10か国を巡る旅行から16日に帰国した大津市の20代の女性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。滋賀県内で感染が確認されたのは4人目です。
感染が確認されたのは大津市に住む無職の20代の女性で、滋賀県によりますと16日、海外旅行から関西空港に帰国したということです。

空港から母親の運転する車で大津市内の実家に着いたとき、39度1分の発熱があり、帰国者・接触者相談センターの紹介で、大津市内の医療機関を受診したあと医師の判断で、1人で暮らす市内の自宅で待機していました。

そして17日、県の衛生科学センターで検査を行ったところ感染が確認されました。

滋賀県によりますと、女性は先月14日に出国し、タイや中東を経由してイギリスやフランス、それにスペインなど合わせて10か国を1人で旅行して16日帰国しました。

女性は現在医療機関に入院していて、頭痛と関節の痛みがありますが肺炎の症状はなく、ほぼ平熱に下がっているということです。

滋賀県は女性の母親を濃厚接触者としてウイルス検査を行うことにしているほか、ほかに濃厚接触者がいないか調べています。