モンゴル政府のチャーター機で 日本人が帰国できるよう調整

モンゴル政府のチャーター機で 日本人が帰国できるよう調整
新型コロナウイルスの水際対策として、モンゴルではすべての国際定期便が止まっていることから、外務省はモンゴル政府が来週、日本に向けて運航するチャーター機に、帰国できない日本人も乗ることができるよう調整を進めています。
新型コロナウイルスの水際対策としてモンゴル政府はすべての国際定期便を停止しており、鉄道や車での出入国もできない状態が続いています。

これを受けて外務省は、モンゴル政府が日本に滞在する自国民の帰国を支援するため、来週16日に日本に向けて運航するチャーター機に、帰国できない日本人も乗ることができるようモンゴル側と調整を進めています。

外務省によりますと、日本人はチャーター機がモンゴルから日本に向かう際の空きスペースを利用する方向で、今のところ数人の日本人が帰国を希望しているということです。

今回の感染拡大をめぐり、外国政府のチャーター機を利用して日本人が帰国することになれば、初めてとなります。