ユニクロ 無印良品など 中国で営業再開の動き

ユニクロ 無印良品など 中国で営業再開の動き
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、中国にある店舗を休業していた日本の大手衣料品チェーンなどでは、公共交通機関の再開に伴って営業を再開する動きが広がっています。
このうち「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中国にあるおよそ750店舗のうち、先月上旬のピーク時には、ほぼ半数にあたるおよそ370店舗が休業していました。
しかし、公共交通機関や店舗が入っている商業施設の再開に伴って、12日時点で休業は武漢を中心としたおよそ40店舗に減ったということです。

中国の多くの地域では工場の操業や物流も再開していて、一部の新商品を除いては、日本への供給も感染拡大の前の状態に戻りつつあるとしています。

また、「無印良品」を展開する良品計画は、中国にあるおよそ270店舗のうち、先月上旬には151店舗が休業していましたが、11日時点で17店舗に減りました。

さらに、中国にあるおよそ400店舗のうち、ピーク時には百数十店舗が休業していた牛丼チェーンのすき家でも営業再開が相次ぎ、現在休業しているのは数十店舗だということです。
一方、イオンは武漢に3か所あるイオンモールの専門店部分は休業が続いていますが、武漢に5店舗ある総合スーパーは、営業時間を一時期よりも延長していて、中国に展開する日系企業の店舗の営業は徐々に通常の状態に戻りつつあります。