新型ウイルス ぜんそく患者たちの不安「感染で重症化が怖い」

新型ウイルス ぜんそく患者たちの不安「感染で重症化が怖い」
k10012327341_202003121150_202003121156.mp4
基礎疾患がある人たちが新型コロナウイルスに感染すると重症化のリスクが高くなるという指摘があり、ぜんそくの持病がある人たちからは不安の声があがっています。
このうち、ぜんそくの患者で作る「関東喘息患者会連絡会」で代表を務める小倉康次さんは「新型コロナウイルスに感染し、ぜんそくが悪化して重症化することが怖いです。潜伏期間中に感染することがあり、確立された治療法もないということなので、感染をしないために、病院や買い物など、普通の生活を送るための外出でさえためらっています。日常生活にも大きな支障がでています」と話していました。

また、ぜんそくの持病がある40代の男性は電車やバスなどで、ぜんそくの症状で「せき」が止まらなくなった際などに周囲の人たちからの厳しい視線にも悩まされているといいます。

「会社に向かう電車の中でせきが止まらなくなってしまい、周りの人から迷惑そうな視線を向けられたり席を移動されたりすることがあります。不安にさせてしまっていることに対して申し訳ない気持ちもありますが、ぜんそくのせきはうつるものではないので、つらい思いをしています」と話していました。

小学生の娘がぜんそくの持病がある母親は「ふだんから、せきをすることに後ろめたさがあるようですが、新型コロナウイルスの感染が広がって以降、より一層、せきができなくなったと言っています。マスクをして、せきエチケットを徹底していても、ただただ冷たい視線を受けて悲しい思いをすることが多くなり、外出を嫌がるようになっています」と話していました。

ぜんそくは「うつりません」のマーク

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、SNS上では「ぜんそくのせきなのに周囲からの視線が気になる」などという投稿が相次いでいます。

こうした中、ぜんそくの持病がある人が考えたあるマークが話題となっています。そのマークにはマスクをした女性や動物などのイラストに、「うつりません」などと書かれています。

考案者のNagaさんは、ぜんそくの持病があり、以前から電車やバスなどで突然、発作が出て「せき」が止まらなくなるたびに周りの人たちに嫌な思いをさせているのではないかと不安な気持ちになっていたと言います。

マークを制作したのは半年ほど前でしたが、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、SNS上で注目されるようになりました。

「ぜんそくのせきはうつらないですよ、大丈夫ですよ、と言って回るわけにもいかないので、マークとしてつけていれば、誤解が解けるんじゃないかと思って作りました。うつらないということを知ってもらえれば、周りの人たちの気持ちもだいぶ違うのではないか、不安が払拭(ふっしょく)されるのではないかと思っています」

そして、「マークをつけていなくても、お互いの抱えている事情に配慮し合える文化が広まっていってほしいと思います」と話していました。

新型コロナウイルスの感染が広がる中、ぜんそくの持病がある人たちの中にはNagaさんのように周りに迷惑をかけていないか、不安な気持ちになる人たちが少なくないようです。

実際にマークをつけている女性は「私と息子とおそろいで使っています。ぜんそくなんだよ、せきが出るけどごめんね、かぜとかじゃないんだよ!とアピールできている安心感があります。最近は、電車の中でせきをしたらもめたとか、暴行されたとか、みんなピリピリしていて、新型コロナウイルスも怖いですが、人が怖い感じです。マークはお守りのような感じです」と話していました。