青年海外協力隊 派遣延期を決定 JICA

青年海外協力隊 派遣延期を決定 JICA
新型コロナウイルスの世界的な感染の広がりを受けて、JICA=国際協力機構は、今月下旬に予定していた、およそ300人の青年海外協力隊の派遣を延期することを決めました。
JICAは、発展途上国などで教育や医療などの支援活動を行うため、毎年、青年海外協力隊の隊員を派遣していますが、新型コロナウイルスの感染が世界の100か国以上で確認されていることを受けて、今月下旬からアジアやアフリカなど67か国に派遣する予定だった隊員309人について、派遣の延期を決めました。

JICAが、予定されていたすべての隊員の派遣を延期するのは初めてです。

今後は、派遣先の国と調整したうえで、5月中旬以降の再開を目指すとしています。

JICAは「派遣を待っている国を思うと苦渋の決断だが、隊員たちの安全を最優先に考え一律延期とした。一日も早く状況が終息し、派遣を再開できることを望んでいます」とコメントしています。