北海道 4町の住民に12日以降マスク配布へ 厚労省

北海道 4町の住民に12日以降マスク配布へ 厚労省
厚生労働省は新型コロナウイルスの感染が広がっている北海道の4つの町の住民に12日以降、1世帯当たりマスクおよそ40枚を優先的に配布することになりました。
新たに配布されるのは北海道のせたな町、美瑛町、木古内町、知内町の合わせて4つの町で、1世帯当たりマスクおよそ40枚が優先的に配布されます。
12日以降、5日程度で配り終える予定です。

厚生労働省によりますと、人口に占める新型コロナウイルスの患者数の割合が大きい地域として配布を決めたということです。

北海道の中富良野町と北見市では、すでにマスクの配布が始まっていて、12日以降、1世帯当たりマスクおよそ30枚を追加で配布する予定です。