生協職員「トイレットペーパー品薄」投稿 組合“誤り”と謝罪

生協職員「トイレットペーパー品薄」投稿 組合“誤り”と謝罪
鳥取県米子市の「米子医療生活協同組合」の職員が、新型コロナウイルスの影響で「トイレットペーパーが品薄になる」などとSNSに投稿をしていたことが分かり、組合は誤った情報だとしてホームページで謝罪しました。
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、マスクの増産に伴ってトイレットペーパーの原材料が不足するという誤った情報が、SNSに流れたことをきっかけに一部で買いだめの動きが出ています。

こうした中、米子市の「米子医療生活協同組合」は、3日午後、SNSへの投稿者の1人が、組合の事業所に勤務する職員だったことをホームページで明らかにし、誤った情報だとして謝罪しました。

組合によりますと、職員は先月27日、「トイレットペーパーなどの製造元である中国が生産をしていないので品薄になる前に購入したほうがいい」などとツイッターに投稿しました。

投稿はSNS上で拡散され、外部からの問い合わせを受けた組合が調べたところ、職員は投稿を認めたうえで、「伝え聞いた情報を確認せず投稿してしまった。転売目的ではない」などと話しているということです。

「米子医療生活協同組合」の梶野大理事長名は、「極めて不適切な行為でご迷惑をおかけしおわび申し上げます。厳正な対応を検討します」とのコメントをホームページに掲載しています。