臨時休校 わが家の時間割り

臨時休校 わが家の時間割り
臨時休校ショックに揺れる日本列島。
賛否はいろいろあれど、ネット上には家で過ごす子どもたちの時間割りが相次いで投稿されています。
「規則正しい生活をしてほしい」「学校ではできない教育を」さまざまな思いがありました。
(ネットワーク報道部記者 和田麻子 鮎合真介)

きょうから開始!

臨時休校が始まった今週。
時間割りを配る学校もある一方、そんな時間すらなく休みに入り、わが家の時間割りを作るケースも少なくありません。
こちらは宮城県大崎市に住む専業主婦の女性(38)が、小学2年生の長男と作った時間割りです。
3日から臨時休校が始まったということで、こんなコメントが添えられていました。
「タイムテーブルがあると、ノルマ達成みたいな感じでやる気になるみたいです。弟たちに構うこともなく、淡々とこなしていました。意外とオススメかも!」

早く終われば早く遊べる

というのもこんな効果があったからです。

1時間目の「こくご」で目標にしたノルマは、宿題の2ページ分ですが、勢い余って30分で達成してしまいました。
このため、時間を前倒しして2時間目の「さんすう」に突入。
5ページのドリルも時間内に終えました。
こうして前倒しを重ねた結果、6時間目まで予定していた授業は4時間目で終了。
午後は4歳の双子の弟と、外で縄跳びをして過ごしたそうです。
専業主婦の女性(38)
「早く勉強を終えれば、早く遊べることに途中で気付いたようで、達成感やお得感を感じたようでした。このペースで1週間を過ごせたら、週末にご褒美をあげようと思います」
でも、ご褒美は漢字テストだそうです。

カワイイ時間割り

カワイイ時間割りを作ったのは、3人の息子がいる大阪府の31歳の母親。
小学2年生の長男のために作りました。
心がけたのは、遊びをふんだんに盛り込むこと。
大阪府の母親(31)
「外出を控えないといけないなか、勉強ばかりではなく、楽しく取り組めるようにとの思いからでした。カルタや盤ゲーム、トランプなどのカードゲームも、考えたり頭を使うこともあるので、集中力の向上など学びができたらと思います」

いきなり学級崩壊!

子どもはあなどれません。
こちらは、栃木県に住む3人のお子さんがいる女性が投稿した小学1年生の長男の時間割りです。
初日の2日にこうツイートしました。
「子供『おなかすいたなー、3時間目はゲームの時間にしよー』とか言っていきなり初日で学級崩壊」
ひとりで長時間、机に向かうのに疲れた様子だったので、母親はゲームの時間に変えることをOKしたそうです。
すると…
「子どもは変更に味をしめて、その後も『ゲーム、ゲーム』と言って困りました。ゲームやりすぎも嫌ですが、勉強勉強でストレスがたまるのもかわいそうなので、いい気分転換がないか考え中です」

教えたいことを教える

両親が教えたいことを教えるための時間割りを作った家庭もあります。
都内で、デジタルコンテンツの企画制作会社を経営するプランナーの佐藤ねじさん(37)が、小学2年生の長男のために作った時間割りです。
目をやると「GTD」「アイデア」「検索」など、なにやらふむふむなことばが並んでいます。
佐藤さん
「新型コロナウイルスで2週間の臨時休校になったので『学校ではやらない授業』をやってみたかったんです。例えば、『ググる』授業があれば、自分でどんどん検索して、学習を深めていける。アイデアの出し方やよい情報のまとめ方など、生かせるスキルも学んでほしいと思いました」

学ぶ力を身につけてほしい

例えば、「検索」の授業。
佐藤さんが先生になって、クイズ形式で問題を出します。
「現在の日本の人口は?」
長男が音声で検索したところ、2017年の数字が出てきました。でも問題は、現在の人口です。
さらに調べ直して最新のデータを知ることができました。
佐藤さん
「例えば、足が速くなりたいと思った時に、ただ思うだけではなくて、速く走る方法を調べたり、本当に速く走るにはどうしたらいいかを自分で考えたりして、実際に試すことを繰り返し、学ぶ力を身につけてほしい」
ちなみに「GTD」という授業は何をするのか?

記者も検索してみました。
すると「GTD」は、「Getting things done」の略で、直訳すれば「仕事を成し遂げる」。

自分がやるべき複数のことを整理しながら、効率よく終わらせていくための管理術のことだそうです。

登校、チャイムも??

飽きさせないため、授業の前後も工夫しています。
例えば、ランドセルでの “登校” 。
ランドセルを背負っていったん外に出て、ちょっと歩いてから自宅に“登校”してもらうようにしました。
授業の前と後には、パソコンを使ってチャイムの効果音を流して演出する力の入れようです。
佐藤さんは金曜日に週1回、子どもが先生を務める授業も設けました。
今からどんな授業になるのかとても楽しみだといいます。
佐藤さん
「1コマ45分の時間を取ってしっかり教える、そして教えられる。とてもぜいたくな時間の使い方だと感じました。この2週間で、子どもに何かが残るといいなと思っています」

父と子の時間割り

こんな時間割りもあります。
投稿したのは、埼玉県に住むサクソフォーン奏者の小山弦太郎さんです。
時間割りの曜日の下に「父」と息子の名前のひと文字「り」がそれぞれ書かれ、「父」の下には「サックス」が、「り」の下には「算」や「国」が並んでいます。
実は、小山さんはふだん全国でコンサート活動のほか、音楽大学や高校で講師を務めていますが、新型コロナウイルスの影響で、公演が中止になったり、学校でのレッスンも禁止になったりして、3月のスケジュールがゼロになってしまったそうです。

学校が休校になった小学2年生の息子に「休校中も学校での時間割りを想定したほうがいいのではないか」と提案し、「せっかくなのでお父さんの分も」とお願いしたところ、この時間割りを組んでくれたといいます。
小山さん
「私はふだんコンサート活動で家を空けることが多いので、家に毎日お父さんがいることがうれしいようです。休みの日も私はサクソフォーンの練習をするので、たくさん練習を入れてくれたのでしょう。優しいなあと感じています」
サックス以外では、「体育」や「図画工作」など父と子で同じ科目もあり、散歩やキャッチボール、それに折り紙や絵を描くことなどを一緒にやるということです。
小山さん
「休みになったことで、大人はさまざまなことにストレスを感じますが、子どもは意外にもあっけらかんとしています。とにかくプラスに考え、私も暇になってしまったので、せっかくならばこの時間を充実させたいと思います」

“留守番デビュー” 気をつけることは?

時間割りで規則正しい生活をさせることも大切ですが、今回の臨時休校で留守番デビューする子どもが、相次ぐことも忘れてはいけません。
注意点をセコムIS研究所の舟生岳夫 主務研究員に聞きました。
舟生さん
「留守番の間にどんな事態が起こりうるかをよく検討し、事前に対応策を準備することが肝心です」
例えば、留守番中に不意の訪問者や電話がきた時。
舟生さん
「留守番中に来訪者が来ても、ドアは開けてはいけません。宅配便が来ても安易に子どもに受け取らせず、インターフォンで対応する場合は、『お母さんは今、手が離せないのでまた来てください』などと、子どもだけで留守番していることを悟られないよう受け答えを練習することも必要です。仮に、ドア越しに対応する場合でも、チェーンは絶対に外さず、対応させてください」
高層階のベランダやトイレの小窓など思わぬ場所から不審者が侵入するケースもあるため、留守中は戸締まりを徹底して、エアコンで温度調節をすることも必要だといいます。
舟生さん
「臨時休校の急な対応で、子どもを残して仕事に出ざるをえない親御さんは不安だと思います。できるだけ子どもを1人にさせる時間を短くするとともに留守番中のルールを家族でよく話し合ってほしい」