欧州の航空会社 一部路線の運航取りやめの動き

欧州の航空会社 一部路線の運航取りやめの動き
新型のコロナウイルスの感染が拡大している影響でヨーロッパでは、航空機の利用客が減少し、航空会社が一部の路線の運航を取りやめる動きが出ています。
イギリスの「ブリティッシュ・エアウェイズ」は2日、今月16日から28日まで、一部の航空便の運航を取りやめると発表しました。

欠航が決まったのはロンドンとニューヨークを結ぶ便やイタリアやフランス、オーストリア、ドイツ、スイスなどを結ぶ便などアメリカやヨーロッパ各地を結ぶ400便以上にのぼるということです。

また、ヨーロッパの格安航空最大手の「ライアンエア」は今月17日から来月8日までおよそ3週間にわたり、イタリア便を中心に25%減便すると発表しました。

ライアンエアによりますと、今月下旬から来月上旬に向けて航空便の予約は大きく減少していて、特にイタリア便ではすでに大きな影響が出ているとしています。