中国 習主席の訪日 政府 延期も含め慎重に調整 新型ウイルス

中国 習主席の訪日 政府 延期も含め慎重に調整 新型ウイルス
来月予定される中国の習近平国家主席の日本訪問について、政府は現時点で変更はないとしていますが、新型コロナウイルスの感染が広がる中、訪問にあたっては十分な成果をあげる必要があるとして延期も含めて慎重に調整が進められる見通しです。
政府は中国との関係改善に向けた首脳間の相互往来の一環として、去年6月の日中首脳会談で、習近平国家主席の国賓としての日本訪問を要請し、来月上旬の予定で準備を進めてきました。

こうした中、新型コロナウイルスの感染が広がり、中国は最も重要な政治日程の1つ、全人代=全国人民代表大会を延期したほか、日本では、政府が大規模イベントの自粛や小中学校や高校の臨時休校を要請するなどの対応に追われています。

安倍総理大臣は先週の記者会見で、習主席の日本訪問について、「現時点では予定に変更はないものの、中国の国家主席の訪日は10年に1度のことであり、十分な成果をあげることができるものにする必要がある」と述べました。

安倍総理大臣や茂木外務大臣が日本を訪れた中国の外交トップ、楊潔※チ政治局委員と会談した際にこうした認識を伝えていて、中国側と来月の訪問を延期も含めて慎重に調整が進められる見通しです。

※チ=竹かんむりに褫のつくり。