新型コロナウイルス イタリアで感染者1000人超える

新型コロナウイルス イタリアで感染者1000人超える
イタリア政府は29日、新型コロナウイルスの感染者が1000人を超えたと発表しました。ヨーロッパで感染者が1000人を超えたのは初めてで、北部の3つの州については少なくとも学校を休校にする措置を3月8日まで続けるとしています。
イタリアでは2月下旬以降、新型コロナウイルスの感染が相次いで明らかになり、イタリア政府は29日、感染者は1128人がなったほか、亡くなった人は80代の高齢者を中心に29人にのぼると発表しました。また、感染者のうち半数近くは症状がないか軽いため自宅で待機しているということです。

感染の中心となっているのは北部の3つの州で、ミラノのあるロンバルディア州が615人、エミリアロマーニャ州が217人、水の都ベネチアのあるベネト州が191人と感染者全体の9割を占めています。

イタリア政府はこの3つの州について学校を休校にする措置を今月8日まで続けるとしているほか、ロンバルディア州とベネト州の11の自治体について住民の出入りを禁止する事実上、街を封鎖する措置を続けるとしています。

ヨーロッパではイタリア北部に滞在していた人から相次いで感染が確認されていて、フランス政府が北部の2つの州については渡航の自粛を呼びかけるなど警戒が強まっています。