クラスター発生した疑いある施設で消毒作業 北海道

クラスター発生した疑いある施設で消毒作業 北海道
新型コロナウイルスによる「クラスター」と呼ばれる集団の感染が発生した疑いがある北海道北見市の施設で、専門の業者による消毒作業が行われました。
北見市の北見総合卸センターは、今月15日までの3日間、住宅設備関連の展示会のために使用され、来場した6人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

北海道などは「クラスター」と呼ばれる集団の感染が発生した疑いがあるとしていて、北見総合卸センターは、専門の業者に依頼して、29日、消毒作業を行いました。展示会が行われたホールなどでは、作業員2人が防護服とゴーグルを着用して消毒液をまいていました。

北見総合卸センターは、当面の利用の自粛を呼びかけ、来月の予定は実施を見合わせてもらったということです。

北見総合卸センターの山本哲也事務局長は「消毒によって市民に安心してもらいたいと思っている。会場の新たな貸し出しは一連の感染が終息してから受け付けていきたい」と話していました。