大学の卒業式 中止や延期相次ぐ 新型コロナウイルス

大学の卒業式 中止や延期相次ぐ 新型コロナウイルス
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためとして、国立や私立の大学でも卒業式を中止や延期にする動きが相次いでいます。
28日の時点で卒業式の中止を発表しているのは、
国立大学が横浜国立大学、山形大学、岡山大学など、
私立大学が早稲田大学、明治大学、法政大学、東京理科大学、同志社大学、立命館大学、近畿大学などとなっています。

また公立大学の国際教養大学などは卒業式の延期を発表しています。

さらに早稲田大学や立命館大学などは4月の入学式についてもすでに中止を発表しています。

学生「一生の思い出がなくなるようで悲しい」

各地の大学が卒業式の中止を決めるなか、法政大学4年の女子学生は「新型コロナウイルスもあるので数日前、卒業旅行を中止にしたばかりです。卒業式が友達に会える最後の機会で、とても楽しみにしていたのでショックです。誰かが悪くて中止になったわけではないので、怒りをどこかにぶつけるわけにもいかず、一生の思い出が無くなるようで悲しいです」と話していました。