原爆資料館など10施設休館 広島

原爆資料館など10施設休館 広島
広島市は新型コロナウイルスの感染防止のため、原爆資料館をはじめ、市の10の施設について、29日から来月15日まで休館にすると発表しました。
一時、休館となるのは原爆資料館をはじめ、広島城、現代美術館、江波山気象館、こども文化科学館など、広島市が管理し大勢の人が訪れる10の施設です。

広島県内では今のところ、新型コロナウイルスの感染者は確認されていませんが、市は感染防止に万全を期すための対応だとしています。