サッカー 久保建英「結果を出すことが その先につながる」

サッカー 久保建英「結果を出すことが その先につながる」
サッカーの東京オリンピック世代の日本代表で、主力として期待されている18歳の久保建英選手が、スペインの所属チームで記者会見し「チームでアピールすることがいちばんだと思う。結果を出すことがその先につながる」と話しました。
久保選手はスペイン1部リーグのマジョルカに所属していて、今月21日にアウェーで行われたベティス戦では、先発出場し2対3とリードされた後半25分に、右足で同点ゴールを決め今シーズン2点目をあげました。

26日にはマジョルカの練習場でトレーニングを行い、公開された冒頭15分では、イングランドプレミアリーグから新たに加わった韓国のキ・ソンヨン選手と笑顔を見せて英語で話しながら、ランニングやボール回しに取り組んでいました。

このあと久保選手はマジョルカに移籍したあと、試合以外では初めて記者会見を行い、ベティス戦のゴールについて「1つの目に見える結果としていいものだと思うし、ほかのハードワークも監督に評価してもらえたので、すごく充実した試合だった」と話しました。

そして主力としての活躍が期待される東京オリンピックに向けては「チームでアピールすることがいちばんだと思う。自分はマジョルカで結果をまず出すことが、その先につながるのかなと思う」と話しました。