五輪開催の今夏 厳しい暑さになる予想 気象庁

五輪開催の今夏 厳しい暑さになる予想 気象庁
気象庁の長期予報によりますと、向こう3か月間の平均気温は全国的に平年より高く、6月から8月にかけての夏の気温も平年並か高いと予想され、暑さが厳しい夏になりそうだということです。
気象庁が25日発表した長期予報によりますと、来月からの3か月間は南からの暖かい空気が流れ込みやすく、平均気温は、全国的に平年より「高い」と予想されています。

その後、6月から8月の天候は、梅雨の時期の降水量が西日本から北日本で「ほぼ平年並」、沖縄・奄美で「平年並か多い」と予想されているほか、平均気温は、夏の後半に太平洋高気圧の本州付近への張り出しが強まるため、全国的に「平年並か高い」見込みだということです。

気象庁は「オリンピックやパラリンピックが開催されることしの夏も、近年の高温傾向と同様に気温が高くなる予想なので、熱中症対策を十分とっていただきたい」と呼びかけています。