クルーズ船 米乗客の帰国者300人余りのうち 18人の感染確認

クルーズ船 米乗客の帰国者300人余りのうち 18人の感染確認
アメリカCDC=疾病対策センターは、21日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船し、アメリカ政府のチャーター機で帰国した300人余りのうち、18人について新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表しました。
帰国した人のうち14人は日本を出発する前に、日本での検査でウイルスが検出されていましたが、この14人が、今回CDCが発表した18人に含まれているかどうかは明らかにされていません。

CDCは「乗船者は高い感染リスクにさらされていた」として、今後、さらに感染者が増える可能性もあるとしています。