病院駐車場に「有熱者外来」窓口設置 和歌山 有田

病院駐車場に「有熱者外来」窓口設置 和歌山 有田
隣町の病院で感染の確認が相次いでいる新型コロナウイルスを防ごうと、和歌山県有田市にある病院では17日から病院の駐車場に一般の外来とは別の窓口を設け、発熱やせきの症状があるなど感染の可能性がある人の問診を行っています。
湯浅町にある済生会有田病院で医師や患者の新型コロナウイルスへの感染が相次いでいることを受けて隣接する有田市の「有田市立病院」では17日から病院の駐車場に「有熱者外来」と呼ばれる新たな窓口を設けました。

この窓口では、発熱やせきの症状があるなど新型コロナウイルスに感染している可能性がある人が訪れた場合、病院に入る前に駐車場の車や救急車の中で医師や看護師が問診を行います。また必要な場合はインフルエンザの検査も行うということです。

そのうえで新型コロナウイルスへの感染が疑われる場合は一般の外来とは別の建物に案内し、ウイルス検査などの手続きを進めることにしています。

駐車場では早速、マスクや手袋などを身につけた医師や看護師が訪れた人から話を聞いていました。

有田市立病院の神保佳紀事務長は「病院には体が弱っている人もいるので、感染が広がらないよう県などと連携しながら対応していきたい」と話していました。