保育園のプールで女児死亡 元園長らに有罪判決 さいたま地裁

保育園のプールで女児死亡 元園長らに有罪判決 さいたま地裁
3年前、さいたま市の保育園のプールで4歳の女の子が死亡し、元園長ら2人が業務上過失致死の罪に問われた裁判で、さいたま地方裁判所は、2人に執行猶予のついた有罪判決を言い渡しました。
平成29年8月、さいたま市緑区の保育園のプールで、園児の赤沼美空ちゃん(当時4)が死亡した事故では、元園長の黛秋代被告(70)と、当時保育士として勤務していた堀口茜被告(33)が業務上過失致死の罪に問われました。

14日の判決で、さいたま地方裁判所の北村和裁判官は、2人が事故を防ぐための対策や注意を怠っていたとし、「園児の生命や身体の安全を守るべき立場であったのに、幼い命が失われた結果は重大で、過失の程度は重い」と指摘しました。

一方で、いずれも過失を認め、深く反省しているなどとして、禁錮1年の求刑に対し、元園長に禁錮1年、執行猶予4年、元職員に禁錮1年、執行猶予3年の有罪判決をそれぞれ言い渡しました。

さいたま市長「再発防止に努める」

判決を受けて、事故が起きた保育園を認可しているさいたま市の清水市長は「このような事故が二度と起きないよう再発防止に努めているが、今後も子どもたちが安心・安全に過ごせる環境づくりに一層取り組んでまいります」とするコメントを出しました。