ロシア外務次官 日ロ首脳会談の早期実現に期待示す

ロシア外務次官 日ロ首脳会談の早期実現に期待示す
ロシアのモルグロフ外務次官はモスクワの日本大使館で開かれた天皇誕生日の祝賀レセプションに出席し、ことし1回目となる日ロ首脳会談の早期実現に期待を示しました。
ロシアの首都モスクワにある日本大使館では13日夜、天皇誕生日を祝うレセプションが開かれ、政府高官や企業経営者など700人余りが出席しました。

ロシア政府を代表して北方領土問題を含む平和条約交渉を担当するモルグロフ外務次官がスピーチし、「令和の時代にも日本とロシアの協力が発展することを願っています」と祝いのことばを述べました。

そして、去年1年間で3回の日ロ首脳会談が行われたことに言及し、「ことしもこの勢いを失わないようにすることが非常に重要だ。両国の間に真の信頼関係が構築できれば、最も複雑かつ敏感な問題であっても解決できるだろう」と述べ、ことし1回目となる首脳会談の早期実現に期待を示しました。

ロシア政府はことし5月、第2次世界大戦の勝利を祝う行事に安倍総理大臣を招待していますが、今のところ日本政府から回答はなく、モルグロフ外務次官の発言には安倍総理大臣の出席を促すねらいもあるものとみられます。