「きょうの料理」に長年出演 料理研究家の城戸崎愛さん死去

「きょうの料理」に長年出演 料理研究家の城戸崎愛さん死去
NHKの料理番組「きょうの料理」に長年出演し、数多くの著作を通じて家庭料理の大切さを伝えた料理研究家の城戸崎愛さんが、13日朝、急性心不全のため、都内の病院で亡くなりました。94歳でした。
城戸崎さんは兵庫県生まれで、東京家政学院を卒業したあと、夫とともに滞在したパリで料理を学び、帰国後に料理研究家として活動を始めました。

昭和46年から50年近くにわたってNHKの料理番組「きょうの料理」に出演して、みずから考案した多彩な家庭料理やお菓子をお茶の間に紹介し、「ラブおばさん」の愛称で親しまれました。

80歳を超えてからも現役で活躍し、数多くの番組や著書を通じて料理文化の向上と普及に力を尽くしたとして、平成19年に放送文化賞を受賞しています。

遺族によりますと、城戸崎さんは数年前から体調を崩し、入退院を繰り返していましたが、13日朝、都内の病院に救急搬送され、午前10時ごろ、急性心不全のため亡くなったということです。94歳でした。