日本サッカー協会 ヨーロッパに拠点設置へ 代表選手支援で

日本サッカー協会 ヨーロッパに拠点設置へ 代表選手支援で
日本サッカー協会はヨーロッパのチームに所属する日本代表の選手が年々増える中、移動や生活の面などで支援するための拠点を現地に設けることになりました。
日本代表や東京オリンピックを目指す23歳以下の代表では海外でプレーする選手が年々増えていて、ヨーロッパのチームに所属する選手は50人を超えています。

こうした中、日本サッカー協会は13日の理事会で、代表選手を支援するための拠点を現地に設けることを決めました。

具体的には、選手たちが日本で行われる強化試合などに向けて移動する際の航空券を手配したり移籍直後に生活環境を整えるためのサポートをしたりします。

さらに、所属チームとは選手が円滑に代表活動に参加できるように交渉も行うということです。

支援拠点はことし4月以降に設置する方針で、オランダやベルギー、ドイツなどが候補地にあがっているということです。