フィリピンで日本人8人拘束 特殊詐欺に関与か

フィリピンで日本人8人拘束 特殊詐欺に関与か
フィリピン北部で日本人の男8人が不法就労の疑いで現地の捜査当局に拘束されました。電話機や詐欺の手口が書かれたマニュアルなども押収されていて、捜査当局は8人が特殊詐欺に関わった疑いがあるとみて調べを進めています。
拘束されたのは21歳から31歳までの日本人の男、合わせて8人です。

現地の捜査当局によりますと11日午後、フィリピン北部ラグナ州のリゾート地のホテルを捜索したところ、その場にいた8人が就労ビザがないにもかかわらず働いていたなどとして、不法就労の疑いで拘束したということです。

併せてホテルの部屋からは多くの電話機やパソコン、それに詐欺の手口などが書かれたマニュアルが押収されたということです。

捜査当局は8人は少なくとも3年間にわたって日本の高齢者に電話をかけ金をだまし取る特殊詐欺に関わった疑いがあるとみていて、被害額は数百万円以上にのぼるとしています。

男たちの身柄は首都マニラ近郊にある収容施設に移され、フィリピン入国管理局は今後、強制送還の手続きを進めることにしています。

フィリピンでは去年11月に日本に向けて振り込め詐欺の電話をかけていた日本人のグループ36人が拘束されていて、捜査当局では今回拘束された8人との関連も調べることにしています。