新型ウイルス「まだ広がる可能性ある」 WHOが警戒呼びかけ

新型ウイルス「まだ広がる可能性ある」 WHOが警戒呼びかけ
新型のコロナウイルスをめぐり、WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、中国で新たに確認された患者の数が減少傾向にあることについて「この大流行はまだ広がる可能性はある」と述べ、引き続き警戒が必要だと呼びかけました。
中国の保健当局は12日、新型コロナウイルスの感染が新たに確認された患者の数が減少傾向にあるとして、状況は改善しつつあるという認識を示しました。

これについて、スイスのジュネーブで12日、記者会見を開いたWHOのテドロス事務局長は「報告される患者の数は落ち着いてきているが、強い警戒感を持って受け止めるべきだ。この大流行はまだ広がる可能性はある」として、引き続き警戒が必要だと呼びかけました。

またWHOの別の担当者は、中国の湖北省以外の地域や、中国以外の国や地域での感染状況については「ウイルスが勢いを持って広がっているようには見えない」として、ウイルスを封じ込めるためのあらゆる措置を講じるよう求めました。

一方、感染した疑いのある乗客がいるなどとしてクルーズ船の入港が拒否されるケースがあることについて、テドロス事務局長は「根拠に基づいたリスク評価もなしに入港が拒否されたり、遅らされたりしている」と指摘し、クルーズ船や旅行者に対して適切な支援を行うよう各国に訴えました。