花粉症対策に役立つか?花粉飛ばさない可能性のヒノキ確認

花粉症対策に役立つか?花粉飛ばさない可能性のヒノキ確認
k10012282401_202002121735_202002121739.mp4
千葉県は雄花が成熟せず、花粉を飛ばさない可能性のあるヒノキを確認できたと発表しました。花粉症対策に役立つ可能性があるとして研究を進めることにしています。
千葉県の森林研究所は、花粉症の原因の1つとなるヒノキについて、関東地方で栽培されている8つの品種を調べ、花粉を飛ばす可能性の少ないものを探しました。

そして「丹沢6号」と「丹沢7号」について、自家受粉をさせたうえで種を採取し育成したところ、それぞれ36%と56%の苗木で雄花が成熟せず、花粉を飛散させる能力のないことが分かったとしています。

研究所はこの2つの品種を掛け合わせて種子を作れば、一定の確率で花粉を飛ばさない苗木を生産できる可能性があるとして、引き続き研究を進めることにしています。

千葉県の森林研究所の岩澤勝巳所長は「花粉を飛ばさない苗木を山に植えることで、花粉症対策にも役立つと考えている。令和10年度の供給開始を目指して研究を続けたい」と話しています。