スキー場で遭難の中学生を無事保護 群馬

スキー場で遭難の中学生を無事保護 群馬
群馬県みなかみ町のスキー場で11日、スノーボードをしに訪れ、行方が分からなくなっていた千葉県の中学3年の男子生徒は、12日昼過ぎ、スキー場の近くの山中で見つかり、警察に保護されました。けがはないということです。
行方が分からなくなっていたのは、千葉県浦安市に住む中学3年の15歳の男子生徒で、警察によりますと、生徒は11日、群馬県みなかみ町の谷川岳天神平スキー場に父親と一緒にスノーボードをしに訪れていましたが、午前11時ごろ姿が見えなくなったということです。

警察は11日に続いて、12日朝からヘリコプターや山岳警備隊を出してスキー場の周辺を捜索していましたが、スキー場とは反対側の山の斜面で、一般の人がスノーボードが落ちているのに気付き、そこから足跡をたどって12日午後1時ごろ、生徒を見つけたということです。

生徒は山岳警備隊に保護され下山したあと、近くの病院に搬送されましたが、けがはなく、健康状態も問題ないということです。

警察やスキー場によりますと、親子が滑っていたのはスキー場のコースの外の整備されていない場所で、客の立ち入りが禁止されているということです。警察は、生徒が遭難したいきさつなどを調べています。