政治

立民 衆院予算委での安倍首相やじ 自民に謝罪・撤回求める

衆議院予算委員会で、安倍総理大臣が「意味のない質問だ」とやじを飛ばしたことについて、立憲民主党は「看過できない」として自民党に謝罪と撤回を求めました。
12日の衆議院予算委員会で、立憲民主党の辻元幹事長代行の質問が終わったあと、安倍総理大臣は「意味のない質問だ」とやじを飛ばしました。

その後の答弁で、安倍総理大臣は「辻元氏の質問はずっと、ばり雑言の連続だった。こんなやり取りとは『無意味じゃないか』ということを申し上げた」と説明しました。

立憲民主党の安住国会対策委員長は、自民党の森山国会対策委員長と会談し、安倍総理大臣のやじは議会軽視で看過できないとして、謝罪と撤回を求めました。また、予算委員会の棚橋委員長は中立な立場にありながら、公平性を欠く委員会運営が今も続いているとして、13日以降の審議には応じられないと伝えました。

これに対し、森山氏は持ち帰って対応を検討する考えを示し、13日改めて協議することになりました。
立憲民主党の福山幹事長は記者会見で、「安倍総理大臣は、予算案の審議をお願いしている立場の総理大臣としてあるまじき態度があまりに多く、議会制民主主義を否定している。また衆議院予算委員会の棚橋委員長の対応も看過できず、委員長としての自覚がなさ過ぎる」と述べました。

特集

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。