新型ウイルス クルーズ船 感染者の8割近くが60代以上

新型ウイルス クルーズ船 感染者の8割近くが60代以上
新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船で、これまでに感染が明らかになった135人のうち、60代以上の人が8割近くにのぼることが厚生労働省のまとめでわかりました。
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では、10日乗客61人と乗員4人の合わせて65人の感染が明らかになり、これでクルーズ船が今月3日に横浜港沖に停泊して以降、感染が確認されたのは135人となりました。

厚生労働省によりますと、135人のうち、20代が6人、30代が5人、40代が4人、50代が15人、60代が37人、70代が54人、80代が12人、90代が2人で60代以上が8割近くを占めています。

また国や地域別では日本人が71人、アメリカ人が25人、オーストラリア人が11人、カナダ人とフィリピン人がそれぞれ8人などとなっています。

感染が確認された135人のうち、11日午後4時までに91人が医療機関に搬送されたということです。

厚生労働省は、船内に残っている乗客と乗員については原則として、今月5日からの14日間は、客室などで待機することを求めています。

学会調査チーム 12日まで船内を調査

船内でさらに感染が広がるのを防ぐため、11日午後4時すぎ、感染症予防を専門とする医師などで作る、日本環境感染学会の専門の医師と看護師4人の調査チームが船内に入りました。

調査チームは12日まで船内にとどまって乗客の生活環境や、船内を移動する機会が多いとみられる乗員たちの感染予防対策の状況などを調査するということです。

横浜港接岸のクルーズ船 ふ頭から離れる

横浜港の大黒ふ頭では、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から感染が確認された乗客などを搬送する作業が行われたあと、午後6時半すぎに真水の精製などを行うため、ふ頭から離れました。

クルーズ船は12日の朝、再び大黒ふ頭に接岸する予定です。

11日は午前中からクルーズ船につながる通路のそばに救急車がとまっては、出発する作業が繰り返されました。

通路はシートで覆われ作業の様子を伺うことはできませんでしたが、感染が確認された人を医療機関に搬送したものとみられます。

また午後1時すぎからは、大型のバスが船の通路のそばに停車して、ふ頭の近くにあるターミナルに移動する作業を繰り返していました。

ドライバーは全身を覆う白い防護服を着ていて、乗客が乗るスペースはカーテンで閉めきられ、外から車内の様子を確認することはできませんでした。

安倍首相 対応を協議

総理大臣官邸では午後2時ごろ、安倍総理大臣や菅官房長官、加藤厚生労働大臣らが集まっておよそ1時間にわたって対応を協議しました。

この中では、加藤大臣や関係省庁の幹部らが集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内の状況などを報告しました。

そして乗客や乗員への対応など、今後の政府の方針を確認しました。