NHK福祉大相撲 徳勝龍が意気込み 「気合いの入った相撲を」

NHK福祉大相撲 徳勝龍が意気込み 「気合いの入った相撲を」
収益を福祉事業に役立てる「NHK福祉大相撲」が東京・両国の国技館で開かれ、幕内で最も下位の番付、幕尻の力士として20年ぶりの優勝を果たした徳勝龍が、来月の春場所に向け、「自分らしく気合いの入った相撲で一番一番頑張りたい」と意気込みを話しました。
この催しは、NHKとNHK厚生文化事業団が毎年開いていて、東京・両国の国技館には4200人余りの観客が訪れました。先月の初場所で、幕尻の力士ながら14勝1敗の好成績で初優勝を果たした徳勝龍が、トークショーに登場し「優勝して自分が主役になるなんて1ミリも思っていなかった。いろいろな人に声をかけてもらう機会が多くなり、優勝の実感がわいている」と振り返りました。

そのうえで、来月からの春場所に向けて「自分らしく気合いの入った相撲で一番一番頑張りたい」と意気込みを話し、大きな拍手を受けていました。このあと、平幕の北勝富士など5人の関取が歌手とともに歌を披露して会場を盛り上げていました。

この催しの収益は福祉事業にあてられ、ことしも全国各地の福祉施設に6台の車両が贈られ、日本相撲協会の広報部長を務める元横綱・大乃国の芝田山親方から福祉施設の代表者に車の鍵が手渡されました。

「NHK福祉大相撲」の模様は一部の地域を除いて今月22日の午後4時半から総合テレビで放送されます。